ヘリーハンセン スマホに女性向け…異業種コラボ連発若者つかむ波起こす

日経MJ

「こんなにカジュアルなブランドなんだ」。東京・渋谷の店舗を訪れた20代女性は、60代の父親へのプレゼントを選びに来店し、街着風の品ぞろえも充実していることに驚きを隠さない。

同社でヘリーハンセン事業を統括する鈴木昭彦執行役員は「マリンスタイルはファッションとしても人気。ブランドを知らない若い世代も取り込みたい」と意気込む。

ツモリチサトとコラボした商品

■ゴアテックスを使った街着を開発

18年秋冬では従来は使えなかった素材へのチャレンジも広げる。目玉は防水透湿素材のゴアテックスを使った商品。「GORE―TEX TACTICIAN COLLECTION」はゴアテックスの防水透湿性と軽量で伸び縮みする機能を生かしつつ、街中で着ることもできるすっきりとしたデザインとした。

スポーツ用品を街着としてまとう「アスレジャー」ブームの風をうけ、足元の業績は好調だ。17年春夏シーズンの売れ行きは前年同期に比べ2ケタの伸びを示した。18年春夏シーズンも同2ケタ成長の見通しだ。

20年の東京五輪では、神奈川の江の島がセーリング会場となる。ヨットが注目されるチャンスととらえ、マリンレジャー施設とのコラボ企画も始めた。品ぞろえやマーケティングの幅を広げ、新たな消費者をつかむ波を起こしたい考えだ。

(友部温)

ヘリーハンセン ▼1877年にノルウェーの港町モスで商船艦長を務めていたヘリー・ジュエル・ハンセンが防水着メーカーとして創業。マリンスポーツで着用するウエアに加え、山での利用を想定した商品も展開する。2016年から神奈川県の一色海岸で海の家「THE SAIL HUS」にヨットの帆を使った内装材の供給などで協力する。

[日経MJ 2018年8月3日付を再構成]

「ブランド VIEWS」記事一覧

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash