ビルケンシュトック 高額でもファンつかむ品質高い健康サンダル

日経MJ

履き心地の良さが支持を集める(ビルケンシュトック東急プラザ銀座店)
履き心地の良さが支持を集める(ビルケンシュトック東急プラザ銀座店)

ドイツの老舗靴ブランド「ビルケンシュトック」が堅調な売れ行きをみせている。ブランドの顔であるサンダルは、足になじみやすい独自開発の中敷き「フットベッド」が特徴だ。価格は1万円以上する商品が大半でサンダルとしては安くはないが、品質の高さや履き心地の良さで根強いファンをつかんでいる。

■裏の起伏に対応する立体的な凹凸

ビルケンシュトックは、健康的な足を維持したり、衝撃を抑えたりする構造を強みとする靴ブランドだ。サンダルには足裏の起伏に対応する立体的な凹凸が施されており、工程の多くを手作業でこなす。全てのサンダルがドイツ国内で製造されており、世界約100カ国で販売する。

1970年代から日本で販売しており、現在の国内店舗数は約60店。ファッションビルやショッピングセンターに出店する。「ユナイテッドアローズ」や「ビームス」など人気セレクトショップにも商品を供給している。顧客は30~40代が中心で、女性が6割、男性が4割を占める。

日本で人気を集めているのは、履き心地の良さに加え、シンプルで洗練されたデザインも理由だという。さまざまなシーン、着こなしに合わせやすく、男女問わず人気がある。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019