東は腹割り、西は背割り ブームのコッペパン今昔物語

NIKKEIプラス1

福田パンでは注文を受けてから手際よくコッペパンに具材を挟んでいく(盛岡市)
福田パンでは注文を受けてから手際よくコッペパンに具材を挟んでいく(盛岡市)

細長くシンプルな形のコッペパン。子供の頃に給食で慣れ親しんだ人も多いはず。最近では様々な具材を挟んで味わえるおしゃれな専門店が続々と登場し、世代を超えて人気を集めている。

コッペパンといえば外せない店があると聞いて、盛岡市へ向かった。JR盛岡駅から歩いて15分。コック帽をかぶったおじさんの看板が印象的な「福田パン」だ。

メニュー表には選べる具材がずらり。注文の3割を占めるあんバター(159円)からピーナツ(139円)、コンビーフ(256円)など実に約50種類以上がそろう。

具材は複数組み合わせてもよし。マイルドコーヒーとチーズを合わせるとティラミス風になるとか。福田潔社長は「これ以上増えると困ると店員に言われる」と苦笑するが、時には期間限定の味も出す。ちなみに社長がよく食べるのはチキンミートだ。

注文を受けるとスタッフがパンを手に取り、へらで具材を塗る。その素早さも必見。休日には2万個も売れるという。創業は1948年。社長の祖父になる初代は宮沢賢治の教え子だった。創業後しばらくして岩手大学の学生向けに作り始めた。食べ応えのある大きさはその名残だ。

「コッペパンの本」の著者、木村衣有子さんは「福田パンと、ここで学んで東京・亀有に開店した吉田パンが人気の火付け役」と指摘する。片手で口に運べる手軽さと選べる楽しさ。ご当地グルメの人気も相まって、テレビ番組などで紹介され火が付いた。

同じく48年に創業したのが山崎製パン。おなじみのコッペパンは創業時から手掛けていた。復刻した「ジャム&マーガリン」など3種類は今も同社人気トップ3の定番だ。ご当地ものも多く、創業地の千葉・市川の梨や、柿、カレーなどこれまで出したのは130種以上。最近は小ぶりなパンも投入している。

実は、コッペパンの形には地域色がある。同社マーケティング部の斉藤高志さんによると、東日本は切れ目を横に入れる「腹割り」、西日本は上から切れ目を入れる「背割り」が主流。同社は全国で腹割り型を販売しているが、売り上げの7割は東日本だ。ちなみに福田パンの福田社長によれば、東北では大きめのサイズが好まれるという。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
学校風の懐かしい店も
MONO TRENDY連載記事一覧