ヘルスUP

健康づくり

一汗かいた後のビールが危ない 夏に多い痛風を防ぐ 1日2リットルの水分を/乳製品で尿酸を排出

NIKKEIプラス1

2018/7/14付

写真はイメージ=PIXTA

夏になると、痛風の発作が起こりやすい。汗をかいて脱水が進むことに加え、ビールを飲む機会が増えて尿酸値が上がるためだ。発作を防ぎ、安心してお酒を楽しむための注意点を知っておこう。

突然、足の指が腫れ上がり、まともに歩けないほどの激痛が走る――。ビールがおいしい季節、お酒を飲む習慣のある人が恐れるのが痛風だろう。原因は関節にたまった尿酸の結晶。これがはがれることで炎症が起きる。

東京女子医科大学病院膠原(こうげん)病リウマチ痛風センター(東京・新宿)の山中寿教授は「痛風患者はどんどん増え、若年化も進んでいる。かつては50代以降に発症する人が多かったが、最近は30代後半がピーク」と話す。国民生活基礎調査によると、痛風患者数は右肩上がりに増加し、2013年には100万人を突破。30年前の4倍に達した。

尿酸は体内でも作られるほか、食品に含まれるプリン体が分解される過程でもできる。血液中の尿酸値が100ミリリットル当たり7.0ミリグラムを超えると高尿酸血症。尿酸が結晶化して関節にたまるようになり、痛風発作を起こす可能性が高くなる。

尿酸値が9~10ミリグラムを超えていながら発作が起こらない人もいるが、油断は禁物。山中教授は「尿酸値が7ミリグラムを超える状態が長く続けば、それだけ発作を起こす確率が高くなる」と警鐘を鳴らす。

足の指や足首に発作が起きるのは、体温が低いので結晶がたまりやすく、歩くときの振動ではがれやすいため。女性ホルモンには尿酸値を下げる作用があることから、痛風患者の95%は男性だ。医療機関を受診すると、尿酸の合成を抑える薬や排出を促す薬を処方される。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL