夏に多いこむら返り 足を伸ばす7つの動作で予防反動つけず、力まず伸ばして

NIKKEIプラス1

2018/7/17

フィットネス

(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)
(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)

暑さが厳しい夏は、実は足がつりやすい季節でもある。エアコンによる冷えや運動不足による血行不良に陥りがちなうえ、発汗でミネラルを放出しやすいのが原因だ。足の筋肉をこまめに伸ばして予防しよう。

足つり(こむら返り)は、ふくらはぎに起こる痛みを伴う筋けいれんを指す。ふくらはぎの一部の筋線維が強く縮んで、他の筋線維とズレが生じて痛みが出るものだ。激しい運動の後や睡眠中に起こりやすい。

夏場はスポーツで多量に汗をかいたり、下痢や水分摂取の不足で脱水状態に陥ったりして、体液のナトリウムやカリウムなど電解質のバランスが崩れて神経や筋肉が興奮しやすくなる。日中はエアコンの効いたオフィスや自宅で過ごすという人も油断は禁物。室内にいても汗をかくうえ、運動不足や冷えによる血行不良も足つりを招くからだ。

今回紹介する運動は一見地味だが、実際に試すと筋肉にジワリと効く。体力と相談しながら取り組むとよい。

まずはじめに、脚を前後に開いて、後ろの足のふくらはぎを伸ばす(写真上)。子供から大人まで、広く知られている運動だが、実は誤った方法で取り組んでいる人が非常に多い。大切なのは、伸ばすときに反動をつけないこと、後足のつま先を真っすぐ前に向けること、上体をかがめて無理に力まないことだ。