健康・医療

健康づくり

汗の季節に気になるニキビ 原因は顔のダニかも… 目のトラブルも 洗顔・塗り薬で抑制

NIKKEIプラス1

2018/6/16付

写真はイメージ=PIXTA

高温多湿の時期は、アレルギーの原因になるチリダニが増える。それとは別に、季節を問わず肌に生息するダニがいる。特に、顔にいるダニが増えすぎると、様々なトラブルを招くという。実態と対処法を探った。

「人間の皮膚に寄生するダニのひとつが『ニキビダニ』」と話すのは、兵庫医科大学(兵庫県西宮市)皮膚科の夏秋優准教授。主に顔の毛穴に生息し、手足にはほとんど見られないため「顔ダニ」とも呼ばれる。

透明で大きさは0.2~0.3ミリメートル。肉眼での確認は難しい。皮脂を栄養にしているため、皮脂分泌の盛んなおでこや鼻の周辺に多い。誰の皮膚でも見つかるようだ。

夏秋准教授によると「症状が悪化して治りにくいニキビに、ニキビダニの増殖がみられる」。ニキビダニが毛穴に生息するだけでニキビができるわけではないが、免疫力が低下して肌の状態が悪化すると、過剰に増えてニキビの原因になることがある。

ニキビの多くは、皮脂分泌が乱れて毛穴が詰まり、アクネ菌が増えることでできる。ホルモンバランスが不安定な思春期や、生活のリズムが乱れて皮脂が過剰に分泌する成人にも見られる。

通常のニキビ治療で改善しないなら、ニキビダニの異常増殖を疑おう。濃いメークで蓄積した汚れや、副腎皮質ホルモンの長期間の使用などでもニキビダニは増えやすい。

治療は洗顔や塗り薬が中心。殺ダニ効果のあるクロタミトン外用薬や、毛穴を広げて乾燥させる作用のあるイオウ外用薬などで、増えすぎたニキビダニを抑える。

健康・医療

ALL CHANNEL