健康・医療

健康づくり

梅雨時の心身不調 横隔膜を鍛えて乗り切る 逆腹式呼吸も取り入れて 胃腸の働き活発に

NIKKEIプラス1

2018/6/2付

(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)

 梅雨の時期はだるさや体のむくみといった不調が起きやすい。この季節にお勧めしたいのが横隔膜を鍛える運動だ。呼吸が深くなって血行を促し、胃腸の活性化や気分の安定にもつながる。意識して動かそう。

 横隔膜は胸(胸腔、きょうくう)とおなか(腹腔、ふくくう)を隔てる膜状の筋肉。パラシュートが開いたような形で、大動脈と大静脈、食道を通す3つの穴が開いている。食道を通す穴は下部食道括約筋と呼ばれ、胃が飛び出さないように働いている。

 息を吸うときは横隔膜が逆さに下がり、吐くときは傘を開いたように上がる。名前に「膜」とあるが筋肉なので、鍛えることが可能だ。

 湿度が高くなる梅雨時は、血液や体液の巡りが滞りがちで、胃の不調を訴える人が増える。体の最も奥にあるインナーマッスルである横隔膜を鍛えることで、深い呼吸が得られ、自律神経のバランスが整って血行などが改善する。胸焼けや逆流性食道炎などの予防にもつながる。

 まずは胸部のストレッチで胸郭を開きやすくして、横隔膜の動きを促そう(胸開きの写真参照)。椅子や机などに片手を添える。添えた手と反対側の腕を開きながら、脚を後ろ斜め45度に開いて、大きく深呼吸を2回する。

健康・医療

ALL CHANNEL