「他人の知恵」武器に企画 営業マン4人分稼ぐエースJTB名古屋事業部 植草誠さん

JTB名古屋事業部の植草誠さん
JTB名古屋事業部の植草誠さん

旅行大手JTBの名古屋事業部で自治体や経済団体などVIPの企画旅行を担う営業三課の植草誠さん(29)は、入社8年目ながら名古屋事業部の1割を売り上げる。一般的な営業担当者の4人分を稼ぐ力は、上手に周囲を巻き込むことや、自らが楽しむ視点での提案力のたまものだ。

このほど、中部地方の経済団体のパーティーがドイツで催された。総勢650人の5泊7日の企画旅行は、1年前に準備作業がスタート。搭乗便や機内の席順、ホテルや食事の希望など、海外旅行ならではの配慮も必要で神経をすり減らした。

実は、こうしたVIP向けのレストラン選びや席順などへの気配りは、経験豊富な先輩社員からの受け売りだ。「1人でわからないことを悩んでも時間がもったいない。先輩や後輩など関係なく、とにかく他人を巻き込んで、他人の知恵を武器にする」。この姿勢で、大型旅行の企画を作り上げた。最終日の夜、添乗員として同席したレストランで、幹事役の顧客から「いろいろ世話になった。ありがとう」と声をかけられ、目頭が熱くなった。

植草さんは、千葉市生まれ。中学、高校ではリーダー格の目立ちたがりで、先陣切って遊びを提案していた。大学ではフットサルサークルの副代表として、100人以上の部員をまとめ、合宿の手配から飲み会の幹事までこなした。大学時代にドイツやイタリアなどを一人旅し、旅行関連の企業に憧れた。

JTB中部(現JTB)に入社すると、法人営業に配属され、顧客の新規開拓を課された。企業回りを繰り返すが、社員旅行が下火になるなかで、なかなか受注につながらない。上司から「雑談力を磨け。旅行以外の話をしろ」などと忠告を受けた。

そこで、雑談では趣味や家族構成などを聞き出すことにした。例えば、ある企業の社長の奥様がディズニー好きであると聞けば、ディズニーリゾートのツアーに欠員が出たときに、「お得なディズニーツアーが空いてます」と情報を伝えるなどして、関係を深めていった。1年後、仲良くなった社長から知り合いの経営者を紹介してもらい、社員旅行を初受注する。「思わずガッツポーズした」。帰社後に報告すると、先輩らが総立ちして拍手し、食事にも連れ出してくれた。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧