くらし&ハウス

暮らしの知恵

スニーカーで通勤するなら 細身パンツでバランス良く

NIKKEIプラス1

2018/4/14付 NIKKEIプラス1

 日常的に歩くことで運動不足を解消しよう――。スニーカー通勤を取り入れる企業が増えてきた。カジュアルな靴にビジネスウエアをどう合わせればいいのか。着こなし術を探った。




 「隅田川沿いの桜がきれいなので花見ついでに遠回りしてきたよ」。3月末の朝、東京都墨田区にあるアサヒ飲料本社に大江田知十さんと吉川徹さんが出勤してきた。同社は1月から社員の健康増進へ全社あげて通勤時と仕事中にスニーカー着用を認めた。ダイエットのため1日1万歩を歩く大江田さんは白、吉川さんは黒のスニーカーだ。

 服装を見ると、大江田さんはグレーのジャケットに細身の紺のチノパン。吉川さんは紺のスーツの上下でポリエステル素材。これなら長く歩いてもシワになりにくい。歩きやすいようにとリュック姿だ。二人ともスニーカー通勤が始まってから同僚の装いを参考にしつつ、今の服装に落ち着いた。全体の印象はすっきりとしてフォーマルな感じを漂わせている。違和感がないようにみえる。

■細身が基本 できれば丈を短く

 スタイリストの高野いせこさんは「男性がスニーカーにスラックスやパンツを合わせるなら細身が基本。できれば丈を短くした方がいい」と話す。革靴と異なりスニーカーで通常のスラックスを着用すると、足元がもたついた感じになるからだ。特に白のスニーカーの場合に気をつけてほしいという。高野さんは「足元をスニーカーにする際の最大のポイントは、清潔感と全身のバランス」と強調する。

くらし&ハウス

ALL CHANNEL