くらし&ハウス

時短家事

パスタソース活用術(2) たらこ 塗って混ぜて 管理栄養士 今泉マユ子

2018/4/10付 日本経済新聞 夕刊

レトルトのたらこパスタソースを使った「じゃがバターたらこ」

 レトルトのパスタソースには、温めてパスタにかけるもの以外に、ゆでたパスタにそのまま混ぜて使うものがある。以前は加熱タイプが主流だったが、最近は混ぜるタイプの売り上げが伸びているようだ。使い方は極めて簡単なのに、本格的な味が実現できるのが人気の秘密だろう。

 店頭に数多く並ぶ“混ぜるだけ”パスタソースのなかで、断トツの人気を誇るのがたらこソースとめんたいこソース。私も日々の食卓で愛用している。

 生のたらこは加熱するときに皮が破れやすかったり、身をこそげ取る手間がかかったり、扱いに気を使うことが多い。たらこのレトルトソースを使うと、ソースを温める必要もなく、たらこのうま味とツブツブの食感が楽しめる。トッピング用にきざみのりが付いてくるのもうれしいところだ。

 たらことめんたいこのパスタソースは主食や主菜、副菜など幅広く使える。鶏肉や白身魚の表面に塗って焼いてみよう。程良い塩味とバターの風味が、鶏肉や白身魚の淡泊さにぴったりと合う。

 割りほぐした卵に加えて、いり卵や卵焼きを作ると、うま味に加えて、黄色とピンクのきれいな色合いが楽しめる。焼き上がったオムレツにソースのようにかけると、おしゃれな1品に仕上がる。ごはんを炊く時、米1合に水1合分、めんたいこソースを入れて、混ぜてから炊くと「めんたいこ炊き込みご飯」ができる。

 なかでも鶏ひき肉にあわせるのはおススメだ。鶏ひき肉200グラムに、青ネギの小口切り30グラム、めんたいこソース1袋を加えてよく混ぜる。できた種を10個に分けて丸く成型し、ごま油で両面を焼くと「めんたいこソースつくね」になる。

 同じ種に卵を1つ割り入れてよく混ぜ、4等分してラップにのせて茶巾絞りにし、電子レンジ(500ワット)で5分加熱すれば、「鶏肉めんたいこの茶巾団子」の完成だ。種を手で丸める必要もなければ、鍋も使わずに、堂々たる主菜が短時間でできあがる。

 野菜と合わせた副菜作りにも活用できる。ポテトサラダに混ぜて「タラモサラダ」、ふかしたジャガ芋にバターと一緒にかけて「じゃがバターたらこ」。千切りのダイコンとあわせて「ダイコンのめんたいこサラダ」。ゆでたシラタキにあえると、食も進むしお酒にも合う。

 たらこパスタを作るとき、私はたらこソースを1袋半使うようにしている。残った半分を食パンやバゲットに塗り、大好きな「たらこパン」を楽しむためだ。歯の弱い私にとって市販のたらこパンは硬すぎるので、好みの柔らかいパンで自作できるのはうれしい。

 紹介したレシピは全て、たらこソース、めんたいこソースのどちらを使っても大丈夫。好みで選んでほしい。トッピングのきざみのりをかけることをお忘れなく。

今泉マユ子(いまいずみ・まゆこ)
 管理栄養士として企業の社員食堂、病院や保育園に勤務。缶詰やレトルト食品を使った時短レシピのアレンジのほか、防災食アドバイザーとしても活躍。

[日本経済新聞夕刊2018年4月10日付]

くらし&ハウス

ALL CHANNEL