健康・医療

病気・医療

顔・手足のイボ、増えたり広がったりしたら ウイルスや紫外線・加齢が起因 自己判断せず皮膚科へ

NIKKEIプラス1

2018/3/24付 NIKKEIプラス1

一人で悩まず、皮膚科医の診断を受けよう。写真はイメージ=PIXTA

 顔や手足に現れるイボ。多くはウイルス感染が原因だが、加齢や紫外線によるものも。見た目を気にするあまり、自己流のケアで悪化させる例がある。適切な治療には、皮膚科の的確な診断が欠かせない。

 イボは手足や顔などの皮膚にできる小さな突起物。医学的にはイボは「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれ、ウイルス感染によるものと、そうでないものがある。

 東京女子医科大学八千代医療センター(千葉県八千代市)皮膚科でイボ外来を担当する三石剛准教授は「イボが大きくなったり、数が増えたり、市販薬で治らなかったりした場合は、悪化を防ぐためにも早めに皮膚科を受診して」と勧める。ウイルス性のイボはいじったり、自分で取ったりすると、逆に増えることも。「皮膚科で適切な治療を受ければ、早いと1カ月ほどできれいに治る」

 ウイルス性イボで最も多いのが、手足などにできる尋常性疣贅だ。丸みをおびた形で表面はザラザラしている。多くは肌色や白色、褐色で、痛みはない。原因はヒトパピローマウイルス(HPV)。ひっかき傷やささくれなど、皮膚の小さな傷口からウイルスが入り込んで感染する。

 「現在200種類以上のHPVが見つかっており、感染した型でイボの種類が決まる」と三石准教授。「イボは良性腫瘍で、がん化の心配はない」。液体窒素を浸した綿棒を患部に押し当て、表皮の細胞ごと破壊して治療する(凍結療法)。

健康・医療

ALL CHANNEL