ヘルスUP

健康づくり

20代、酒の飲み過ぎご用心 生ビール3杯目は黄信号 一緒に水を/ストレス解消に用いず

NIKKEIプラス1

2018/3/17付 NIKKEIプラス1

急性アルコール中毒で救急搬送される人は、20代が群を抜いて多い。ご注意を。写真はイメージ=PIXTA

春から新社会人になる人は、この先お酒を飲む機会が何かと増える。お酒に慣れていないと、飲酒のリスクをつい軽視しがち。悪酔いを防ぐ飲み方と、お酒との適切な付き合い方を知っておこう。

「若い世代は、自分の酒の限界を知らないので危険」と警鐘を鳴らすのは、自治医科大学付属さいたま医療センター(さいたま市)消化器内科の浅部伸一医師。例えば20代は短期間に大量に飲酒する傾向がある。急性アルコール中毒が原因で救急搬送される人は、20代が群を抜いて多い。

飲酒の影響や、体に起きる変化についての正しい知識が不可欠だ。飲酒で血中アルコール濃度が上昇すると、アルコールの脳への作用で口数が増え陽気になる。さらに上昇すると、まっすぐ歩けない、ろれつが回らない、立てないといった状態になる。

酩酊(めいてい)して記憶を失うと、転倒や転落、他者への暴力などのリスクを招き、大きな代償を払うことも。国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の松崎尊信医師は「適切な飲み方や自分の体質を知ることが大事」と強調する。

アルコールの適量には個人差があるが、公益社団法人アルコール健康医学協会(東京・文京)が公表しているアルコール血中濃度と酔いの状態のデータが参考になる。

「お酒を飲み慣れていない人は、血中アルコール濃度が0.05~0.1パーセントの『ほろ酔い』で止めておくのがベスト」と浅部医師。体重60キログラムの男性の場合、ビール中瓶(500ミリリットル)で1~2本、中ジョッキ(約400ミリリットル)だと2杯飲んだタイミングが目安になる。日本酒で1~2合、ウイスキー(シングル)だと3杯に相当する。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL