視神経が傷つくと、視神経につながる網膜の神経の層も傷み、薄くなる。健康診断の眼底検査で、陥凹や網膜の神経の層の状態を確認し、緑内障の疑いと診断される人は多い。白内障など別の病気で眼科を受診し、緑内障の疑いがみつかることもある。

光干渉断層計(OCT)で網膜の神経の状態を詳しく調べる(30代男性の検査画像、東北大・中沢徹教授提供)

神経がある程度障害を受けても、すぐには視野に異常は出ない。仮にそのまま神経の損傷が進めば、やがて視野が欠け、緑内障を発症する恐れがある。

近年、網膜の神経の層の厚みを測る光干渉断層計(OCT)などの検査機器が普及し、視野に障害が出る前に神経の損傷を詳しく把握できるようになった。東北大学の中沢徹教授は「医療のレベルが上がり、前視野緑内障という考え方が可能になった」と話す。

1~2年は観察

ただ1回の検査では神経の損傷が進行するものなのか、一過性の原因で起きたものなのか判断できない。緑内障の危険因子とされる近視では、眼球が変形する影響で神経に損傷がみられることが多いといわれるが、損傷が進まないこともある。別の病気の治療で服用したステロイド薬の副作用で眼圧が一時的に上がり、神経が傷んだ可能性なども考えられる。

眼圧が異常に高い人など緑内障を発症する危険性が高い場合は治療を始めたほうがいい。だが、眼圧が正常な人は定期的な検査で経過を観察する必要がある。

約半年に1回のペースで眼底や視野、約3カ月に1回は眼圧を検査し、1~2年間は様子をみることが望ましい。神経の損傷などが進んでいると確認できれば前視野緑内障と判断され、治療に移る。「逆に変化がない場合、治療は不要だと考えられる」(中沢教授)

緑内障は患者本人が症状に気付きにくい。片目の視野の欠けた部分を反対側の目で補ったり、視点を知らず知らずのうちに動かして脳の働きが視野の全体を合成したりするからだ。視野の異常を自覚するのは症状が進行してからで、その段階から治療すると手遅れになりやすい。

早期の発見と治療は、発症や進行を遅らせると期待できる。前視野緑内障の疑いがあると言われた人は、まずは緑内障の専門クリニックを受診しよう。

◇  ◇  ◇

眼圧 高くなくても発症

緑内障は日本人の中途失明の原因で最も多く、20%超を占める。眼圧によって神経が圧迫されて傷み、視野が欠けていく病気だが、日本人の緑内障患者の眼圧は必ずしも高くない。海外に比べ、眼圧が正常な範囲でも発症する人が多いことが分かっている。

東京大学の相原一教授は「眼圧を正確に測るのは意外と難しい」と話す。眼圧は1日の中でも時間帯によって変化し、日によっても変わる。定期的な検査で眼圧の変動を調べることが重要だ。眼圧の変動が大きいタイプの緑内障は進行しやすく「眼圧以外の検査にもよく注意する必要がある」(相原教授)。

眼圧が高くない人が緑内障を発症した場合でも、眼圧を下げる点眼薬で治療する。正常の範囲内とされる眼圧であっても、人によって目の神経の丈夫さが異なり、神経を傷めることがあると考えられるからだ。

正常な眼圧で発症する原因は、未解明な点が多い。東北大学の中沢徹教授は血流に注目する。光干渉断層計を応用して血流を調べる検査手法が今後普及する見通しだ。「血流を検査できる施設が増えれば、緑内障との関連が分かるかもしれない」(中沢教授)

(越川智瑛)

[日本経済新聞朝刊2018年3月12日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント