「細マッチョ」目指す50代 筋トレのポイントは?

NIKKEIプラス1

風呂上がり、鏡に映った我が身(59)を見て驚いた。筋肉が落ち、弱々しい体になっている。ダイエットのせいか、加齢のためか。筋肉が減ると見栄えが悪いし、身体機能の低下につながる。筋肉をつけたい!

手っ取り早く筋肉をつけるには、筋肉トレーニングが必要だろう。だが、筋トレで腰や膝を痛めてしまったシニアもいるという。どうするか。

書店をのぞくと筋トレ本が並ぶ。「定年筋トレ」というタイトルの新書が目に留まった。表紙には「60代は筋トレ適齢期! 筋肉を増やせば第2の人生が輝く」と惹句(じゃっく)が踊る。これこれ。共著者の吉田直人さんに指導をお願いすることにした。

向かったのは、筋力トレーニングでアスリートの障害予防やパフォーマンス向上を目指すNPO法人、NSCAジャパン(千葉県流山市)。吉田さんは同NPOでヘッドストレングス&コンディショニングコーチを務めている。

「早速、やってみましょうか」。吉田さんに促されて、同NPOが備えるストレングスルームに入った。ベンチプレスなどトレーニング機器が目に飛び込んでくる。

「機器は使いません。自重トレ(自分の体の重さを利用したトレーニング)から始めましょう」と吉田さん。自重トレの基本3種目は、腕立て伏せ、スクワット、腹筋。「この3種で主要な筋力を効率よく鍛えることができる。シニアはこれで十分」という。

「えっ、そうなの」。筋トレという語感から「苦行」というイメージを抱いていたが、何とかなりそうだ。

注目記事
次のページ
継続のためジム利用も
今こそ始める学び特集