研究者の心の健康守れ 重圧への対処法説く阪大発企業

研究開発の現場で科学者・技術者が、産学連携や社会に役立つ成果を求められ、重圧にさらされている。それに反して研究者の精神的な健全さを保つための組織的な対応策は乏しい。この状況を改めようと大阪大学でカウンセリングなどを手掛けるベンチャー企業が2013年に誕生し、活動が軌道に乗ってきた。

メンタルトレーニングやセミナーを手掛けるベンチャー企業「創晶応心」を設立した森教授(右)と根岸講師

異色の阪大発ベンチャーは創晶応心(大阪府箕面市)だ。研究成果を事業化するためではなく、大学の教官や学生らのカウンセリングやメンタルヘルスに関するセミナー開催などを専業にする。

森勇介教授が創業した。ノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大学教授らと、青色発光ダイオードになる窒化ガリウムの大型基板の開発などに挑む工学研究者だ。「ストレスをいかに管理するかは、研究の成否をも左右する。自分の体験をほかの研究者の支援に役立てたい」と、同社を設立した目的を解説する。

きっかけは01年、米国での国際会議から帰国する飛行機の中で、隣に座った田中万里子・サンフランシスコ州立大学名誉教授との出会いだ。心的外傷(トラウマ)を軽減する手法を考案した心理学者と分かり、カウンセリングで実践している話に引かれた。

「産学連携をうまく進める秘訣は何だろう」「どうして日本のベンチャーはなかなか成功しないのだろうか」という疑問を抱いていた森教授は、田中名誉教授のカウンセリングを受けて自覚していないトラウマが意欲の向上や論理的な思考を妨げていると気付いた。

森教授の場合は、阪大教授だった父親に厳格にしつけられ、父に似た自信家タイプの人の前で萎縮してしまうことが分かった。田中名誉教授との面談を通じて「自分が悪いのではなく、父が厳しかった」と客観視できるようになり、父に似た人とも萎縮せず議論できるようになった。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
成功が不確実/常に最先端追究 特有のストレス存在
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント