ヘルスUP

健康づくり

若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ 遠くの文字見つめる 目に温タオルパック

NIKKEIプラス1

2018/1/27付 NIKKEIプラス1

(写真はイメージ=PIXTA)

最近目のピントが合いにくい……。中高年特有の症状と思いきや、若い世代にも広がっているという。原因はスマートフォン(スマホ)の使いすぎによる「スマホ老眼」だ。発症のしくみと予防・改善策を知っておこう。

スマホの長時間使用で起きる「スマホ老眼」に悩む人が2010年以降目立つようになった。遠くがぼやける、手元が見にくくなるなど、いわゆる老眼に似た症状が出る。さらに頭痛やめまい、吐き気などをもたらすこともある。

スマホゲームや動画鑑賞を楽しむ若い世代に加えて、仕事でもスマホを頻繁に使う30~50代など幅広い世代が症状を訴える。井上眼科病院(東京・千代田)の井上賢治院長は「パソコンやIT機器による目の不調と同じく、スマホの影響は深刻」と指摘する。

スマホ老眼の原因は、物を見るときにピントを合わせる目の機能と深く関係する。目をカメラに例えたとき、ピント調節を担うのが水晶体だ。水晶体は透明な目のレンズで弾力があり、周囲を毛様体筋が取り囲んでいる。

毛様体筋はレンズの度を調節する働きを持つ。遠くを見るときは緩んでリラックスしていて、近くを見るときには縮んで水晶体を膨らませる。水晶体と毛様体筋のいずれかに異変が起きると、ピント調節に不調をきたす。

40代以降に増える通常の老眼は、主に加齢によって水晶体の弾力が失われるのが原因だ。水晶体が膨らみにくくなるため、近くにピントを合わせづらくなり、本や書類の文字などがかすんで見える。

それに対して若い世代にも起きるのが、毛様体筋の酷使が原因の目の不調だ。パソコンやスマホの長時間作業で、毛様体筋が凝り固まった状態になる。ピントが合いにくくなって目のかすみなどを訴えることが多い。

スマホの長時間連続使用は目の負担が大きい。「細かい文字を至近距離で見るうえ、ゲームなど長時間集中して見続けることも多い。重症化すると眼精疲労や頭痛、肩こり、吐き気などで日常生活に支障をきたしかねず、早めの対処が必要」と井上院長は強調する。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL