ヘルスUP

健康づくり

正しい手洗いで感染症予防 親指や指先も忘れずに 1日10回でリスク半減 タオル共有はNG

NIKKEIプラス1

2017/11/25付 NIKKEIプラス1

(PIXTA)

 インフルエンザや風邪が流行る時期。様々な予防法のなかでも、子どもから高齢者まで簡単に実践できるのが「手洗い」だ。感染症予防に効果的な正しい手指の洗浄・消毒法を知っておこう。

 インフルエンザは国内で年間1千万人以上が感染するといわれており、12月から2月にかけて患者数が増える。この時期は風邪やノロウイルスによる感染性胃腸炎などにも注意が必要だ。

 インフルエンザや風邪の主な感染経路は、くしゃみや咳(せき)による飛沫感染。一方で、ウイルスが付着した物に触れた手で目や鼻、口に触ることで間接的に感染する接触感染も、見逃せない経路だ。ノロウイルスも飛沫や接触で二次感染を起こす。

 接触感染の予防に欠かせないのが手洗いだ。聖マリアンナ医科大学感染症学講座の国島広之教授は「インフルエンザの感染リスクは、せっけんを使った手洗いを1日5回以上すると3割ほど減り、10回以上だと5割程度減るという報告もある」と話す。

 インフルエンザワクチンによる発症防止効果が4割前後といわれることを鑑みると、日常生活で簡単に実践できる手洗いの予防効果は侮れない。特に「外出の後や調理の前後、食事の前、トイレの使用後には手を洗う習慣をつけることが大切」(国島教授)。ワクチン接種と併せて、積極的な手洗いを心がけたい。

 加えて正しい洗い方をすることも肝心だ。国島教授が手洗いの心得のある医療従事者を対象に行った調査でも「親指や指先、小指側の側面などに洗い残しが多く見られた」という。こうした部位もきちんと洗えるよう、洗い方の手順を覚えておこう。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL