口の機能低下オーラルフレイル 50代から顔の筋トレ滑舌・食べこぼし…高齢者ご注意 「歯科で定期チェックを」

滑舌の良しあしを測定する(千葉県柏市)
滑舌の良しあしを測定する(千葉県柏市)

口の中(オーラル)の機能が低下することで体の衰え(フレイル)につながっていく「オーラルフレイル」。滑舌が悪くなる、食べこぼしや飲み物でむせるといった口回りのトラブルは、高齢者の体が弱っていく最も早いサインだ。健康に重大な影響を及ぼすとは考えず、加齢に伴う衰えのひとつと見過ごす高齢者もいる。本人や周囲がフレイルの兆しに気づき、早い段階で対処することが大切だ。

「よーいスタートと言いますから、まず、タタタタと発音してみてください」。10月中旬、千葉県柏市で開かれた同市地域包括支援センター主催の「フレイルチェック講座」。市内在住の60歳以上の男女約20人が、滑舌の良しあしを測るテストを受けた。

計測器の数値が6以上だと「口回りと舌の筋肉をきちんと動かせている」と判定される。計測を受けた川越久子さん(85)は6以上。「朗読や合唱などの地域活動に参加し、声を出している」(川越さん)ことがフレイル予防につながっている。

講座では質問票で「食べ物や飲み物を、楽にすっと飲みこめないことがありましたか」など12項目を聞き、口の元気度をチェックする。測定を担当する市民サポーターは「チェックを通じて、高齢者自身にフレイルでないかどうかを確認してもらい、予防に取り組むきっかけになれば」と話す。

フレイルは健康とそうでない状態の中間地点を指す用語。口の中のわずかな衰えや偏った食生活の影響を受けて、オーラルフレイルは悪化する。「かめない」→「軟らかい食べ物を選ぶ」→「さらに衰え、いっそうかめない」という悪循環に陥る。「食欲が低下することで栄養状態が悪化する。いずれ介護が必要な状態に発展しかねない」と東京都健康長寿医療センターの平野浩彦・歯科口腔(こうくう)外科部長は指摘する。

フレイルの予防に向けて、自治体や地域の歯科医師会などが、高齢者向けのセミナーや相談会、筋力強化や栄養指導と併せた教室を開いている。こうした機会にフレイルをチェックできる。

自宅ではどのように不調に気づき、対応したらいいのか。平野部長は日々の生活で(1)滑舌が悪くなっている(2)食べこぼしが増えている(3)かむことができない食品が増えている(4)むせてしまう(5)口が渇く――などかむ力の衰えを示す要注意サインを見逃さないことが重要と訴える。

注目記事
次のページ
顔の筋肉トレ 50代から意識 音読・カラオケも効果
今こそ始める学び特集