ワインの栓、折らずに抜くには カギは道具と保管

NIKKEIプラス1

飲み仲間も忙しくなり、家飲みの機会が増えてきた。悩ましいのが、ワイン好きなのにコルク栓が上手に開けられないこと。もう少しスマートに開けられる方法はないだろうか。

ワインオープナーにはさまざまなタイプがある(東京・中央)=吉川 秀樹撮影

まずは道具選びから。「ワインショップ・エノテカGINZA SIX店」(東京・中央)で、ソムリエの近谷沙紀さんに話を聞いた。

ワインオープナーと一口に言っても「T字型」「ウイング型」「ソムリエナイフ」「ハサミ型」などタイプは様々。よく目にするのはT字型かウイング型だが、近谷さんのおすすめは、プロも使うソムリエナイフだ。10万円台の高級品もあるが、1000円台から品ぞろえがある。

おすすめはソムリエナイフ

T字型は自分の力だけが頼りで、女性などには厳しい。力任せだとコルクを抜く際に瓶が揺れやすく、ワインのおりも広がりやすいという。ウイング型は羽のような持ち手を下ろす反動でコルクを一気に引き上げる構造。力は最小限で済むが、スクリューだけが勢いよく抜けて、穴の空いたコルクが残ってしまうこともあるという。

ソムリエナイフは瓶口にフックを引っ掛け、てこの原理で徐々に抜いていく。T字型ほど力は要らず、コルクの状態を見ながら加減ができる。キャップシールをはがすナイフもついているのも便利だ。

ハサミ型は窮余の策か。2枚の刃のような金具を両脇に差し込み引き上げる。コルクの膨張する力を利用する仕組みでコルクがもろくなっているときに使うが、差し込むつもりで押し込んでしまったり、樹脂を使った栓だと膨張する力が強過ぎて、瓶口が割れてしまうこともあるという。

最近は電動タイプもある。ボタン一つでスクリュー刺しから引き抜きまでしてくれるが、近谷さんは「古いワインにはあまり使ってほしくない」と話す。震動が大きいので、T字型と同様に瓶を揺らしてしまう。スクリューが自動で回るので、コルクがもろくなっていてもそのまま砕いてしまう可能性がある。

MONO TRENDY連載記事一覧