『婚約者の友人』 ミステリアスに艶やかに

フランソワ・オゾン監督の新作である。第1次大戦直後のドイツとフランス両国の憎み合いを背景に、戦死したドイツの若者を訪ねてきたフランス人の謎めいた言動を、戦死した若者の婚約者の目線からミステリアスかつ艶やかに描き出している。

1919年のドイツ。アンナ(パウラ・ベーア)は婚約者のフランツの両親と一緒に暮らしているが、フランツが戦死したため毎朝お墓参りしている。ある朝、彼女が墓に行くとすでに花が手向けてあった。フランツの友人でフランス人のアドリアン(ピエール・ニネ)によるものだった。

フランツの両親は最初、アドリアンを憎んでいたが次第に彼の中に息子の面影を見出し、またアンナもアドリアンを憎からず思うようになる。だが、アドリアンは泣いたり黙ったりと言動が謎めいていて、ついに彼はアンナに本当のことを話して、フランスに帰国してしまう。

アドリアンが正体を明らかにするまでの前半はミステリー仕立ての展開であるが、後半はアドリアンに心を寄せるアンナが音信不通になった彼の消息を尋ねてフランスに赴き、恋愛ドラマの側面が濃くなる。

オゾン監督の作品はもともと謎めいた世界を背景に物語を構成することが多いが、今回は物語の前面に謎解きを押し出した印象が強く、それだけにわかりやすい物語になっている。

全編はモノクロ映像にカラー映像を交える形で展開されるが、現在のシーンはモノクロ画面で時代の雰囲気をうまく漂わせていて、アドリアンの嘘やアンナの幸せな時間などがカラー画面で提示される。

映画は、第1次大戦後の憎悪し合うドイツとフランス両国が互いに認め合って許しを求める姿を描いているが、その姿は憎しみの連鎖が至る所に見られる今日の世界にこそ必要だろう。1時間53分。

★★★★

(映画評論家 村山 匡一郎)

[日本経済新聞夕刊2017年10月20日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…
エンタメ!連載記事一覧