出世ナビ

私の課長時代

「どれだけ稼げるか」競争に疑問 顧客との信頼構築へ 野村HDグループCEO 永井浩二氏(上)

2017/10/17 日本経済新聞 朝刊

■野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO、58)は入社後、高松支店に4年間勤務した後、本店営業部に抜てきされた。

 野村は若手を積極登用する「キープヤング」が徹底していました。20代の終わりに本店営業部で「課長席」と呼ばれる課長級になり、部下を6人持ちました。営業がどれだけ稼げるかという競争が全ての時代でした。でも課長席になって今までのやり方ではダメだと気付きました。

 株や投資信託をただ売るのではなく、いかにお客さまの資産を守りながら投資してもらうのか。顧客との信頼関係を築けなければ、いけないと感じました。

 営業支店に行くと、「課長席になったらどうしたらいいですか」と聞かれます。私は「部下を自分色に染め上げていいんだよ」と答えています。ただ「部下があなたと同じ年齢になった時、今のあなたより上のレベルになるように育てよ」とも伝えています。

■1988年に従業員組合専従に。後半は委員長を務めた。

 それまでは男ばかりの社会でした。ところが組合は違います。立場も価値観も異なる1万3000人の老若男女の組合員をまとめなければいけないのです。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL