ヘルスUP

健康づくり

ポリフェノール摂取のコツ お茶・コーヒーでこまめに 抗酸化で病気予防/大豆製品にもたっぷり

NIKKEIプラス1

2017/9/23付 NIKKEIプラス1

(PIXTA)

強い抗酸化作用で注目を集めるポリフェノール。赤ワインやカカオに限らず、身近な食べ物から摂取できる。種類と特徴、効率的な取り方を知って、健康の維持に活用しよう。

ポリフェノールは植物に多く含まれる成分の総称で、抗酸化ビタミンの一種だ。「動脈硬化や糖尿病、高血圧など、体が活性酸素で酸化されて起きる病気を防ぐ働きを持つ『抗酸化ビタミン』の中でも、ポリフェノールには非常に強い抗酸化作用があるとわかっている」と品川イーストワンメディカルクリニック(東京・港)の板倉弘重理事長は話す。

ポリフェノールは植物が外敵から身を守るために作られる成分で、虫や鳥がかんで嫌がるような苦みや渋みが特徴。例えば「カテキン」や「アントシアニン」といったポリフェノールを多く含むぶどうの皮や種をすり潰して作る赤ワインは、含有量が豊富だ。

チョコレートやココアに含まれる「カカオポリフェノール」をはじめ、ポリフェノールの種類は非常に多い。タマネギやブロッコリーなどの野菜に多い「ケルセチン」、カレーのスパイスの黄色い成分「クルクミン」など、名前はそれぞれ異なるが全てポリフェノールだ。

その種類は5千以上とも言われる。「例えば緑茶に多く含まれるポリフェノール『カテキン』の場合、構造のわずかな違いでエピカテキン、エピガロカテキンなど別名になる」(板倉理事長)。

種類によって、期待できる抗酸化作用は様々だ。「大豆に含まれる大豆ポリフェノールは、更年期障害の症状を軽くしたり、骨を丈夫にしたりする。ブルーベリーなどベリー類に多いアントシアニンは視力改善に効果的」と板倉理事長。

1日にコーヒーを2杯以上飲む人は、飲まない人と比べ皮膚のシミを抑制したという研究結果もあるという。コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」の働きだ。

どうすればポリフェノールを効果的に摂取できるか。「ポリフェノールは摂取後約2時間で抗酸化作用が高まり、4時間ほどで消えるので、こまめに取るのが効果的」と医学博士で東洋大学ライフイノベーション研究所(群馬県板倉町)の近藤和雄所長は話す。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL