汗や食べ物・たばこ・香水… 職場のにおい解決法

西出さんは「一番は、人のそばで食べないこと」とした上で、コミュニケーションの重要性を説く。「例えば、『お腹ペコペコだから、少しにおうかもしれないけど、ごめんね』と一声掛けるだけで、全然違う。職場で起きる他の多くの問題同様、においが原因のギクシャクした雰囲気も、コミュニケーションを上手にとることで改善できる場合が多い」

限度を超えるにおいを発する人に周りの迷惑を気付かせるにはどうすればよいか。

「直接言うと相手を傷つけたり角が立ったりするので、根回しし、職場会議などで、全員への注意喚起として取り上げるのがいい」(西出さん)。その場合も、非難調ではなく当事者を気遣う言葉使いが欠かせない。

「マナーの要諦は、常に相手の立場に立ち、相手を不快にさせない、逆に気持ちよくさせること。においのマナーに関しても、職場全員がそうした気持ちを持つことが大切」と西出さんは話す。

(ライター 猪瀬聖)

[日本経済新聞夕刊2017年9月4日付]

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら