女性

ライフスタイル

浴衣パリッと次も晴れやかに 花火に祭り、装いケア

NIKKEIプラス1

2017/8/19付 NIKKEIプラス1

岡村 享則撮影

花火大会にお祭りと、夏は浴衣を着る機会が増える。汗を吸った浴衣には皮脂やシミなどが付きやすく、臭いの原因になる。次も気持ちよく着るために、手入れをしっかりとしておこう。

浴衣を脱いだら、まずハンガーに掛けて陰干しをする。風通しの良い場所に干しておけば、湿気や臭いが取れる。

次は洗濯。浴衣は自宅で簡単に洗うことができる。ただ「正しい洗い方をしないと色落ちしたり傷んだりする」と、宅配ネットクリーニング「リネット」のお洗濯アンバサダー、近藤高史さんは言う。

■自宅で洗濯OK まずシミ抜き

いきなり洗ってはダメ。まずはシミ抜きをしておこう。その際、色落ちしないかどうか確認するのが欠かせない。近藤さんは「白い布に洗剤をつけて、浴衣の目立たない部分をこする」ことを勧める。

布に浴衣の色がついたら色落ちの可能性大だ。色落ちしてしまうなら「シミの部分に直接、洗剤をつけ、優しくもみ洗いする」(近藤さん)。

ファンデーションや日焼け止めなどによる襟元の汚れは、クレンジングオイルを直接汚れたところにつけて歯ブラシで一定方向に擦り、すすぐ。食べこぼしは、中性の食器洗い洗剤をシミの部分につけて歯ブラシで同様に擦り、すすぐといい。

やっかいなのは泥汚れだ。繊維の中に入り込んでしまうので、すぐに水洗いしてはいけない。ドライヤーなどを当ててしっかりと乾燥させてから、乾いた歯ブラシで一定方向に擦り、泥をはらい落とす。どうしてもシミや汚れがとれない場合は、クリーニングに出そう。

洗う前には洗濯表示に水洗いできるマークがあるか確認を忘れずに。水の温度設定も見落とさずに、表示に従って取り扱う。濃色・柄物の浴衣はシミ抜きと同じく、「色落ちをしないか確認する」(近藤さん)。

いよいよ洗う段階になったら、まずは浴衣をたたむ。生地の傷みや形崩れ、余計なシワを防ぐために、浴衣はたたんで洗うのがお勧めだ。

洗濯機で洗う場合は、折りたたんだ浴衣を洗濯ネットに入れる。「洗う際に強い力が加わると傷みや形崩れの原因になるので、必ずドライコースで洗う」(近藤さん)。洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を使おう。

手洗いの場合は、たらいや洗面台に洗濯表示の指示通りの温度の水をはり、中性洗剤を溶かす。たたんだ浴衣を入れて、やさしく押し洗いする。洗い終えたら洗濯ネットに入れて、一番弱い設定で1分程度、脱水をする。新しい水をため、優しく押し洗いしてすすぐ。最後に一番弱い設定で1分程度、脱水する。

■日陰でさお干し アイロンがけを

浴衣を干すときは「日陰でさお干し」が基本だ。「日光に当てると色あせる可能性があるので、必ず陰干しにする」(近藤さん)。取り外しができる物干しざおがあるなら、両袖を通して干そう。さおを使わずに、和服用のハンガーを使って干してもいい。

乾いた浴衣は「シワを残したままにせず、アイロンがけをして伸ばしてからしまう」(近藤さん)。アイロンがけをするときはのりスプレーを使うとパリッと仕上がり、粋に着ることができる。

最後はたたみ方。正しいたたみ方をすれば、シワができず、必要な折り筋が保て、次もきれいに着られる。着物専門店、鈴乃屋上野本店の鈴木聖実さんにたたみ方を教えてもらった。

浴衣は直線縫いなので「縫い目に合わせて折る」(鈴木さん)のがポイント。まず、浴衣の肩を左側にして畳などの上に広げ、おくみ(前身ごろの襟から裾にかけて上下に細長い布を縫い付けた部分)を縫い目から手前に折り返す。「ここで間違えるとシワができてしまう」(鈴木さん)ので注意が必要だ。

その後は襟とおくみを合わせる、身ごろや袖を重ねる、裾を折り返すなどの手順を踏んで、最後に丈を二つ折りにして完了。たんすなど収納スペースが狭い場合は三つ折りにしてもいい。面倒にも見えるが「慣れてしまえば2~3分でできる」と鈴木さん。

収納は湿気のない平らなところに。浴衣は「着物のようにたとう紙などでくるまずに、そのまま収納して構わない」(鈴木さん)という。

手入れの行き届いた浴衣は、着ていて気持ちがいい。きれいな浴衣で、次の夏も楽しもう。

(大橋正也)

[NIKKEIプラス1 2017年8月19日付]

女性 新着記事

ALL CHANNEL