出世ナビ

職場の知恵

会社員の副業、ここに注意 時間管理は本業優先で

2017/6/15 日本経済新聞 夕刊

エン・ジャパンが4月に実施した正社員の副業実態調査でも、実際に副業をして一番難しいと感じたのは「時間管理」(複数回答で63%)だった。

では、どうすればうまく時間管理できるのか。

まずは、吉川さんのように、あくまで優先すべきは本業という意識を強く持ち、副業は空いた時間を使うという考えが必要だ。本業をおろそかにしては本末転倒なうえ、「無理をすれば体を壊す」(吉川さん)。

業務委託の場合は納入期限が設定されているのが普通。期限が守れなければ信用問題にかかわってくるので、納期の設定には余裕を持たせるのがコツだ。

自宅でネットを使った副業は、仕事とプライベートの境があいまいになり、ダラダラと続けてしまう場合もある。生産性が上がらないので、あらかじめ時間を区切り、メリハリを付けることが大切だろう。

家族がいる場合は、副業に入れ込み過ぎて家族との時間を犠牲にしないようすることも欠かせない。吉川さんは、土日のどちらか1日は、妻と外食する約束をし、仕事と家庭のバランスをとっているという。

時間管理以外にも注意点は多い。経営コンサルタントの藤井さんは「副業を考えた時にまず気を付けることは、職場の上司との関係」と指摘する。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL