出世ナビ

ニッキィの大疑問

「安倍1強」まだ続く? 3選で悲願の改憲めざす

2017/4/3 日本経済新聞 夕刊

安倍内閣は最長9年間の超長期政権になる可能性が出てきた

政治の世界は安倍晋三首相の「1強体制」といわれているわね。さらに長期政権になる可能性もあるらしいけど、最近話題の「森友学園問題」なんかは逆風にならないのかな。

「安倍1強体制」の行方について、得田紀子さん(45)と菊池名津さん(37)が坂本英二編集委員の話を聞いた。

■安倍首相が最長9年間も首相を務める可能性が出てきたそうですね。

「安倍首相は自民党総裁として現在2期目で、2018年9月末までが任期です。総裁任期は最長で連続2期6年までの決まりでしたが、3月5日の党大会で党則を改正し、3期9年まで可能になりました。来年の総裁選で安倍首相が3選されれば、最長9年間の超長期政権になる可能性があります」

「すでに安倍内閣は第1次内閣からの通算で在職が1900日を超え、憲政史上6番目の長期政権です。今年5月下旬には小泉内閣を抜いて5番目に浮上します。仮に安倍首相が2021年9月末までの総裁任期を全うすると、戦前の桂太郎内閣の2886日間を抜き、3567日も続く歴代1位に躍り出ます」

■なぜ自民党は党則を改正したのですか。

「同じ政権があまり長く続くと弊害が大きいという意見は自民党内にもあります。しかし安倍内閣は5年目に入っても支持率が6割前後と高く、自民党支持率を常に上回る状態が続いています」

「自民党の政治家には『支持率が高い首相の下で次の選挙を戦ったほうが自分が当選する可能性が高くなる』という意識があります。安倍首相に交代を迫るムードにはなりにくく、任期延長の党則改正はほとんど異論が出ないまま決まりました」

「安倍首相は憲法改正が悲願です。いきなり平和主義を定めた9条を改正するのは難しくても、大規模災害時に国会議員の任期を延長する『緊急事態条項』などをめぐる検討作業は進むかもしれません。在任中の改憲をなし遂げるには、来年9月以降も首相でいるのが前提です」

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL