フード・レストラン

かんたんレシピ

タケノコとシイタケのうま煮

NIKKEIプラス1

2017/2/25付 NIKKEIプラス1

 シャクシャクとしたタケノコの歯ごたえは春の味覚。濃いめの味に煮てたっぷり食べましょう。

 干しシイタケのもどし汁で煮ます。干しシイタケは中くらいなら6個分ほど。大きさは問いませんが、時間をかけてふっくらともどしたいので、半日前に保存容器などにつけて冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。もどし汁にはうま味が出ていますから、ぜひ使ってください。

 ふだんなら砂糖としょうゆの甘から味にするところですが、オイスターソースを加えるのがミソ。うま味ととろみが加わります。といっても、食べると中華の味とは気づかず、こっくりした和風の煮ものと思われるでしょう。

 お弁当のおかずにも向きますし、作りおきのおかずにしても、2~3日楽しめます(調理時間はシイタケのもどし時間を除く)。

材料 (4人分 1人当たり48kcal)
・ゆでタケノコ200グラム
・干しシイタケ25グラム
・水200ミリリットル
・A(砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、酒大さじ1、オイスターソース大さじ1)
・サラダ油小さじ1

作り方(調理時間25分)

(1)干しシイタケは、分量の水につけてもどす(もどし時間は袋の表示に従う)。

(2)タケノコは2~3センチ大に切る。シイタケはとり出し、軸をとって、2~4つのそぎ切りにする。もどし汁はとりおく。

(3)Aは合わせる。

(4)鍋に油を温め、タケノコとシイタケを中火で炒(いた)める。油がまわったら、シイタケのもどし汁全部と、Aを加える。沸騰したら、弱めの中火にし、ふたをして10~15分、汁気が少なくなるまで煮る。

献立の例 アジの干もの、ホウレンソウのおひたし、沢煮椀(さわにわん)、ごはん

ひとくちメモ

 オイスターソースをかくし味に オイスターソースはかきのエキスなどから作る中華調味料。チンジャオロースーなどにと買うものの、なかなか使いきれないことも。中華だけと考えず、この料理のように和食のかくし味にも使えるので、活用してみてください。

(ベターホームのお料理教室 写真は大井 一範)

[NIKKEIプラス1 2017年2月25日付]

フード・レストラン

ALL CHANNEL