「噴水効果」突破口に 腕時計取り扱い百貨店5倍カシオ計算機 畠弘紀さん

取引先の課題提示

カシオ計算機の首都圏営業部(東京・千代田)に所属する畠弘紀さん(41)は首都圏の百貨店に腕時計の取り扱いを働きかける。相手の課題をつかんで改善策を先回りして提案する。そうしてつかんだ好機をものにしたことで評判が伝わり、2008年に今の担当になってから取り扱う店舗の数を5倍にした。

カシオの時計を扱う首都圏の百貨店は現在、31店。畠さんが首都圏の百貨店担当になったときは、わずか6店だった。起爆剤になった案件がある。

2014年のクリスマス商戦。たくさんの人が出入りする「大丸東京店」(東京・千代田)の1階にカシオの腕時計「オシアナス」が並んだ。3週間にわたって特設ブースを置き、全地球測位システム(GPS)の電波を受信する機能を備えた新製品などを売り込んだ。

「やるんだったら全力でやる」。畠さんは大丸東京店に企画を提案する前、決心した。高級百貨店は何よりブランドを重視する。「イメージが下がるから、カシオの製品を取り扱うはずがない」。そう言われてアポイントメントすらも取れなかった苦い経験もした。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧