エンタメ!

ブック、おススメの1冊

はかせのはなし 水道橋博士著 「お役所作文」でも痛快

2017/2/2付 日本経済新聞 夕刊

(KADOKAWA・1200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

元東京都知事の石原さんに言われて、東京都の広報紙にエッセイを書き始めた。そんな本の経緯を聞くと、さぞかし東京都ヨイショでつまらないのだろうと勘ぐってしまうが、個人的にお笑いエッセイ賞でも差し上げたいくらいハマった。

科学技術の話も豊富だ。たとえば、水源から水道が各家庭に届くまでにどれくらい漏れてしまうかという「漏水率」。ロンドンもイスタンブールも25%以上ダダ漏れなのに、東京は3%以下だという。日本の水道技術って凄(すご)かったんですねぇ。

広報のしがらみで書き直したエッセイも、「お役所作文」のカラクリを堂々と暴露。実に痛快で笑える。ちょっぴり東京を見る目が変わりました。

★★★★★

(サイエンス作家 竹内薫)

[日本経済新聞夕刊2017年2月2日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

はかせのはなし

著者 : 水道橋博士
出版 : KADOKAWA
価格 : 1,296円 (税込み)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL