飛騨の新油揚げ「味付けあげ」 ふんわり人気アゲアゲ

母袋工房のあげは長方形
母袋工房のあげは長方形

小京都といわれる高山市や、温泉街の下呂市などがある岐阜県飛騨地域。スーパーの店頭をのぞくと、「あげづけ」や「味付けあげ」などと書かれた三角形をした豆腐のあげの総菜がパック入りで売られている。ある食品会社の商品がヒットしたことを契機に市場が拡大。新しい郷土食として人気を集めている。

高山市のスーパーには「あげづけ」の売り場が作られている

高山市を拠点に6店の食品スーパーを展開するファミリーストアさとう。店を訪れると「あげづけ」と書かれたあげの総菜のコーナーが作られ、大量に並んでいた。全店で1日当たり400パック前後を販売する人気商品だ。同店は飛騨のあげ総菜ブームの発信源となっている。

数年前、有名タレントが出演する東京のテレビ番組で数度にわたって店頭の商品が放送された。同店ではあげづけが紹介された。

同社の佐藤祐介社長(51)は「当時我が社はネット販売を始めたばかりでしたが、『あげづけ』が全国向けの特番でゴールデンタイムに取り上げられると、16万件のアクセスがありサーバーがダウンしました」と振り返る。「みたらし団子のような味が消費者にうけている」と話す。

生でも軽く焼いても、おいしく食べられる。今も全国からネット販売で注文が寄せられているといい、特売しなくても売り切れるようになった。

◇     ◇

(右)川瀬豆腐店の「味あげ」は豆腐の味わいが残る、(左)古川屋では「あげづけ」のフル生産が続く

あげづけを納入するのは高山市中心部で豆腐などを生産する古川屋だ。古川文夫社長(67)は「下呂には味を付けたあげの漬物があると聞き、自分も作ってみようと思った」と30年前を回想する。モデルがあったわけではなく、妻と2人で試行錯誤の末、しょうゆやミリンで味付けして、満足のいくものが誕生した。

新商品を作ろうと思い立ったのは、大手の豆腐メーカーが出荷を増やす中で、中小の豆腐製造業者が次々に廃業に追い込まれる現実があったからだ。

古川社長自身、取引先の地元スーパーが倒産し、売掛金が回収できない危機に見舞われたが、あげづけのヒットに救われた。「豆腐を手で揚げてあげを作り、味を付けていく作業は大手にマネできない」という自負がある。東京の居酒屋店にも定期的に出荷し米国から注文が舞い込む。

あげづけを店で買って、自宅で食べた。軽く焼いてみると、ふわりとした食感で、さっぱりした味わい。生で食べてみると、少しもっちりしていて、しょうゆの味が鮮明だ。特別な郷土料理というより、日々の朝食や夕食の一品にふさわしい印象がする。もちろん酒のアテにもなりそうだ。

五感を豊かにする旅紀行を読む