エンタメ!

ブック、おススメの1冊

ブロックチェーン・レボリューション D・タプスコット、A・タプスコット著 国の概念さえ変わる未来とは

2017/1/29付 日本経済新聞 朝刊

人工知能(AI)と並び注目すべき最新技術はブロックチェーンだ。ビットコインという仮想通貨の基本技術であるため、日本では、金融とIT(情報技術)が融合した「フィンテック」の話と捉える人もいるが、はるかに革命的な可能性を秘める。本書は、デジタル社会論の世界的権威らが、企業経営や経済社会、国家に及ぼす影響を幅広く論じたものだ。

(高橋璃子訳、ダイヤモンド社・2400円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

インターネットのおかげで、消費者と生産者が直接やり取りし、様々な経済取引から中間業者の介在が不要になった。今では生産者が提供するプラットフォームの下で消費者が新たな付加価値を生み出し、消費者と生産者が混然一体となるプロシューマーの時代が訪れつつある。

ただ、経済取引に付随するお金のやり取りは、ネットバンキングを使う場合も、銀行がいまだに介在する。写真や書類を電子メールで直接送るように、お金をネットで相手に渡すのは無理で、送金を証明する銀行の仲介を要する。

お金に限らず、銀行や国家の介在なしに所有権の移転をネット上で当事者間だけで可能にする技術がブロックチェーンだ。改ざん不可能な公開された台帳の上で、資産が取引される。匿名性を担保したまま、ネット上の分散されたデジタル情報を通じてやり取りできるから、何と国家も捕捉できない。

今のところコストが大きいため、現実的とはいえないが、将来、銀行が不要になるどころか、政府や中央銀行の通貨発行権を揺るがすことになりかねない。インターネットが所有権移転の領域にまで関わることで、国家という概念そのものが変容する可能性を予感させる。

現在、ウーバーやエアビーアンドビーがもてはやされるが、それらはユーザーと資産所有者に関する大量の情報を持った仲介者にすぎず、真のシェアリングエコノミーではないと本書は断じる。利用者と提供者が直接やり取りし、仲介者不要のブロックチェーン版のウーバーやエアビーアンドビーの誕生を予測する。また、フェイスブックやグーグルなど大量のユーザーを惹きつけるプラットフォームが今のところネット社会の勝者だが、ブロックチェーンが独占を崩す可能性があると指摘する。

副作用は確かに大きい。しかし変化を恐れてあらがうより、新技術を徹底利用しメリットを享受しようとチャレンジする人に新たな未来が待っている。本書は最後に「さあ、まだ見ぬ世界へ踏みだそう」と呼びかける。

(BNPパリバ証券チーフエコノミスト 河野 龍太郎)

[日本経済新聞朝刊2017年1月29日付]

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

著者 : ドン・タプスコット, アレックス・タプスコット
出版 : ダイヤモンド社
価格 : 2,592円 (税込み)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL