くらし&ハウス

暮らしの知恵

エアコン代抑えてポカポカに 扇風機併用 足元に暖気

NIKKEIプラス1

2017/1/21付 NIKKEIプラス1

PIXTA

寒いのが苦手で、ついエアコンの設定温度を上げてしまいます。電気代がかさむことになり、家計に響きます。ムダな電力を使わず、効率よく、快適にエアコンを利用するコツを教えてください。

■扇風機併用 足元に暖気

寒い部屋に入ると、一気に室内を暖めようとエアコンの設定温度を高くしがち。だが家事アドバイザーの矢野きくのさんは「設定温度を20度にしても、十分、暖かく快適に過ごせる」と話す。省エネルギーセンターによると、設定温度を1度下げるだけで電気代は10%減らせる。

風量は自動運転にしておくのがいい。自動運転は「部屋の温度を設定温度にするのに最も効率的な運転をする」(富士通ゼネラル)ためだ。電気代を抑えようと微風や弱に設定すると部屋が暖まるまでに時間がかかり、かえって電気代がかさむ。

暖かい空気は上方にたまるので、エアコンの風向きは下にする。部屋全体を暖めるには、天井に集まっている暖かい空気を室内で環流させることが必要。その際は扇風機やサーキュレーターを利用するといい。「エアコンの横にある家具などの上に小型の扇風機を置いて、エアコンから出た暖気を送ると効果的」(矢野さん)という。

注意したいのは、スイッチをこまめに入切しないこと。エアコンは電源を入れて起動する際に最も電力を使う。何度もオンオフを繰り返すと、思いのほか電力を消費する。

エアコンの手入れも大事だ。フィルターにごみやほこりが詰まると暖房効果が弱まるため、設定温度を上げたり強風にしたりして、ムダな電力を消費する。「フィルターは2週間に1度は掃除したい」(節約アドバイザーの和田由貴さん)

エアコンは必要なときだけ利用するように心掛けよう。エアコンで暖房した場合、止めても室温は急には下がらない。外出や就寝の15分前にスイッチを切っても十分だ。

■体感温度、加湿器でアップ

エアコン暖房を効果的にするには、室内外の環境を整えておくことが欠かせない。暖房で暖まった部屋の空気を逃さず、冷たい外気を遮断することが重要だ。

まずドアや窓はきちんと閉め、開閉は最小限にする。気をつけたいのがカーテン。丈が短く、床との間に隙間があると、暖かい空気が逃げてしまう。「厚手で床に着くくらいの、長さが1.8メートル程度のものを使いたい」と矢野さん。日中はカーテンを開けて太陽の光で室内を暖め、「夕方は早めに閉めると、冷たい外気をカットできる」(矢野さん)という。断熱シートを窓に貼ったり隙間テープを活用したりするのも効果がある。

体感温度の低下にも注意したい。エアコンをつけていると暖気で室内が乾燥し、体感湿度が下がってくる。体感温度を上げるのに必要なのが加湿器だ。消費電力が少ない気化式などの加湿器を置いて適切な湿度を保てば、設定温度を上げなくても済む。東京都地球温暖化防止活動推進センター顧問の山川文子さんは「湿度計を室内に置いて、常に湿度がわかるようにしておく」のを勧める。加湿器がない場合は、洗濯物を室内干しすることで加湿する手もある。

着るものを工夫することでも体感温度を上げることができる。「首、手首、足首はできるだけ露出しないようにする」(和田さん)などの対策が効果的だ。

部屋全体ではなく、リビングなどでの自分のいる場所を重点的に温めるには、エアコンと、ホットカーペットやこたつなどの暖房器具を併用するといい。足元を直接、温めれば、エアコンの設定温度を高くするよりも電気代を安く抑えられる。

矢野さんが勧めるのはカーペットの下に段ボールを敷く方法。ドラッグストアなどから不要になった段ボールを入手し、平らに潰して敷く。「段ボールがクッションとなり、フローリングの床などからの冷気をカットする」(矢野さん)という。

室外にも気を配ろう。エアコンの室外ユニットは、周りの外気を吸い込んで吹き出すことで熱交換をしている。吸い込み口、吹き出し口近くに障害物や雑草などがあると、暖房効果が弱まり、電気のムダになる。折を見て点検しておこう。

(大橋正也)

あなたのひそかな悩みや、家事や暮らし方で解決したい問題をお寄せください。サイト「なやみのとびら」(https://www2.entryform.jp/tobira/)から投稿できます。投稿していただいた内容は「なやみのとびら」や「すっきり解決」などで紹介します。投稿の上、サイトで日経生活モニターにご登録いただいた方には、毎月抽選で図書カードをお送りします。

[NIKKEIプラス1 2017年1月21日付]

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL