旧東海道、歩いて発見 幹線はずれ残る江戸情緒日本橋―箱根 砲台や句碑、松並木…

旧道の松並木は旅情をかき立てる(大磯町)
旧道の松並木は旅情をかき立てる(大磯町)

旧東海道の大半は幹線道路や鉄道の東海道に変わった。ところが実際に歩いてみると、幹線からはずれ、江戸の情緒を味わえる閑静な旧道がところどころに残っている。歩かなければ気づかない知られざる名所旧跡もたくさんある。東京の日本橋から箱根の関所跡まで、東海道と旧東海道を歩き、歴史と文化の痕跡を探した。

日本橋からスタートし、最初の旧東海道は品川駅を過ぎ八ツ山橋を渡って始まる。北品川本通りに入ると、交通量が減り、街道歩きの雰囲気に包まれる。3代将軍徳川家光と沢庵和尚の問答にちなむ「問答河岸」の碑から、土佐藩が造った砲台の復元模型のある新浜川公園まで、次々と歴史を語る文化財に出合う。

旧道は鈴ケ森の刑場跡でいったん終わるが、平和島口の交差点から再び入り、落ちついた雰囲気のミハラ通りをゆっくり歩く。多摩川を越えた川崎宿はほぼ旧道。その歴史と文化の情報を発信する東海道かわさき宿交流館で一休みし、松尾芭蕉が郷里の伊賀に帰る途上、見送る門弟との別れを惜しんで「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな」と詠んだ句碑のある八丁畷を訪ねる。遠ざかる江戸(東京)への別れがたい思いとこれから先への期待で旅情が高まる。

「旧道の魅力は歩いて初めてわかる」と旧街道を歩くツアーでガイドを務める三谷益巳さん。乗り物を使っては見落としてしまいがちな道祖神や地蔵菩薩(ぼさつ)などに手を合わせ、土地の歴史に思いをはせながら歩く。地名や表札、街路樹、草花を見るだけでも楽しい。旧道は意外に長い箇所があり、多摩川から横浜市の新子安駅近くの生麦事件の碑まで、京急の神奈川駅から武蔵と相模の「国境」の境木を経て戸塚駅手前の舞岡入口交差点近くまで、ほぼ旧道を歩くことができる。

戸塚から藤沢、茅ケ崎へは東海道を歩き、相模川を渡って馬入交差点から再び旧道に入る。大磯駅手前は松並木が素晴らしい。小田原―箱根関所跡はおおむね旧道を登り、途中、宗福院地蔵堂にある福興大黒尊天のクスノキを彫った巨大な像に感動した。北条5代の墓がある早雲寺など見どころは関所跡まで続く。全部を歩くのは無理でも旧道だけスポットで訪れるのも街道歩きの醍醐味といえるかもしれない。

旧街道歩き、ガイドブックやネットで情報チェック

旧新橋停車場は明治時代の駅舎の外観を再現した(東京都港区)

街道歩きの楽しみの一つは街道から少し離れた名所旧跡への寄り道だ。日本橋―品川では明治時代の鉄道駅舎を再現した旧新橋停車場にぜひ立ち寄りたい。芝公園駅に近い都内最大級の前方後円墳の芝丸山古墳では都心とは思えない静寂を味わえる。

東海道に限らず旧街道歩きは大山街道や中原街道、津久井道など南関東を東西に横断する道筋でいくつかあり、ガイドブックや地図など出版物のほかインターネットで情報を入手できる。情報は事前に頭に入れ、知られざる名所旧跡を見逃さずに歩きたい。

注目記事
今こそ始める学び特集