夢と失望のスリー・ライオンズ ヘンリー・ウィンター著サッカー母国、失敗の構造

(山中忍訳、ソル・メディア・2000円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

9年前、酒場の友のロンドンっ子に、お国で最高のサッカー記者は? と聞くと「ヘンリー・ウィンター」と即答した。

現在はタイムズ紙在籍、当代の書き手が、胸に3頭の獅子を抱くイングランド代表の失敗の構造を描き解いた。唯一のW杯優勝は半世紀も前、当時のラムジー監督による人心掌握の細部だけでも読み応えがあるが、そこからは負けてばかりだ。

愚かで冷たい協会幹部の列、高給のもたらす若手の飢餓感の欠如、自由にプレーできた校庭サッカーのアカデミー優先による衰退。深い取材、鋭い批評、柔らかな文体。比喩も楽しい。「強風に舞う紙切れを何事もなく掴(つか)み取るかのように」。往年の名手、ムーアのタックルである。

★★★★

(スポーツライター 藤島大)

[日本経済新聞夕刊2016年12月22日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

夢と失望のスリー・ライオンズ イングランド救済探求の時間旅行

著者 : ヘンリー・ウィンター
出版 : ソル・メディア
価格 : 2,160円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧