竜は動かず(上・下) 上田秀人著仙台藩士から描く幕末外交

(講談社・各1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

まずは今年最後の書評を、本書のような傑作で締め括(くく)ることが出来ることを、言祝(ことほ)ぎたい。上田秀人の著作は、今年百冊を突破したが、その旺盛な作家活動の中でも、私が見るところ、この一巻が現時点における最高傑作であることはほぼ間違いない。

主人公である仙台藩士・玉虫左太夫は、新見(しんみ)豊前守(ぶぜんのかみ)、勝海舟らと亜米利加に渡り、彼我の国力の差や列強の植民地政策の実態を目の当たりにする。そして帰国するや腰を温める間もなく動乱の京へ。ここでの坂本龍馬との問答の面白さなどちょっと比類がない。

そして後半、左太夫は、奥州独立の夢を奥羽越列藩同盟に託すのだが――。外交が見直されている今、必読の一巻だ。

★★★★★

(文芸評論家 縄田一男)

[日本経済新聞夕刊2016年12月22日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末 上 万里波濤編

著者 : 上田 秀人
出版 : 講談社
価格 : 1,728円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧