囲碁AI、スピード進化 趙名誉名人相手に1勝2敗

日本で開発された囲碁の人工知能(AI)ソフトが初めてハンディなしでプロ棋士に挑んだ。三番勝負では互角の戦いを繰り広げ、大いに注目された。驚異の進歩に大きな期待も広がる。

第2回囲碁電王戦第3局で「DeepZenGo」に勝利した趙治勲名誉名人(中央)=11月23日、東京都千代田区

11月下旬に打たれた囲碁電王戦三番勝負。国内最多タイトル獲得記録などを持つ趙治勲名誉名人(60)を相手にAIソフト「DeepZenGo(ディープゼンゴ)」は1勝2敗と善戦した。「序盤はめちゃくちゃ強い。少なくとも僕より強い。創造性がある」。最終局で勝ち越しを決めた直後、趙名誉名人は上気した表情で繰り返した。

Zenは序盤戦で盤面中央の価値を重視し、これまでの常識を覆すような打ちぶりをみせた。しかも、趙名誉名人がAIを試すように放った前例の少ない布石にも的確に対応。しかし中盤からミスを連発した。開発チームの加藤英樹代表は「趙先生が強すぎた。課題がわかったので改善したい」と振り返る。

劣勢時にもろく

ネット中継でも注目された(11月20日、DeepZenGoが初白星を挙げた第2局の中継画面)

今回浮き彫りになったのは、劣勢時のAIのもろさだ。人間なら差が広がらないような手を打ち、相手のミスを待って逆転につなげようとする。一方、AIは勝つ確率の高い手を選ぶように設計されている。形勢不利になると、仮に最善手であっても見込める勝率が低い手は選ばず、局面を打開しようとして、人間がみると“とんでもない手”を選んで自滅するのだ。

根本的な弱点とみられ、簡単には解消しがたいが、それでもプロと互角に戦えることを示した。Zenは今年3月時点ではアマチュア強豪レベルにすぎず、半年あまりで飛躍的な進歩を遂げた。背景にはディープラーニング(深層学習)というAIが得意とする手法があり、プロの棋譜を手本にソフト同士が対局を重ねて強くなった。日本の第一人者で六冠を持つ井山裕太王座(27)も「進化のスピードは驚異で、どこまで強くなるか楽しみ。純粋にどんな手を打つようになるのか知りたい」と期待する。

ディープラーニングは今年3月、韓国の世界トップ級棋士、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段(33)を4勝1敗と圧倒した米グーグルの囲碁AI「アルファ碁」が採り入れた。この対戦は衝撃を与え、AIの「新手」を世界中のプロが試すようにもなった。李九段も「自分が培ってきた感覚を信じて良いか迷う。人間が選んでこなかった手を打つアルファ碁を見て、こう打てばいいのかと思った」と言う。

この対局後もアルファ碁は強くなっているといわれる。だが、膨大な量のサーバーを使うなど運用コストが大きいとみられ、プロとの再戦は実現していない。AI同士の棋譜が公開されているだけだ。一足先にソフトが強くなった将棋のように、プロが気軽に自分の棋譜を入力し、研究に生かす環境は整っていない。

井山王座と対戦へ

一方、これまでのZenは市販ソフト「天頂の囲碁」シリーズの頭脳部分に応用されてきた。「ここまで強くなったZenを搭載したソフトが発売されれば手に入れたい」(高尾紳路名人)とプロも注目する。

Zenの開発を後押しし電王戦を主催したドワンゴの川上量生会長は「AIは強くなっていく。相互作用で人間も一緒に強くなればいい」と話す。趙名誉名人も「負けていても恥ずかしくない。負ければ僕らも勉強すればいい。強いソフトを開発してもらって感謝しかない」と目を輝かす。

Zenのプロへの再挑戦は決まっている。来年3月に大阪で開かれ、井山王座や中国・韓国のトップ棋士各1人がリーグ戦で競う「ワールド碁チャンピオンシップ」に参戦する。Zenがあと約4カ月でどこまで進化し、世界のトップとどのように戦うか。囲碁ファンならずとも注目だ。

(文化部 山川公生)

[日本経済新聞夕刊2016年12月6日付]

注目記事
今こそ始める学び特集