アフリカ 希望の大陸 ダヨ・オロパデ著分厚い情報で描く発展の潜在力

アフリカは貧しい。施しを待つ哀れな人々が暮らしている大陸だ。本書は、このような固定観念を吹き飛ばしてくれる好著である。

(松本裕訳、英治出版・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

著者は米国で生まれ、エール大学で学び、アフリカ大陸を精力的に取材してきた若きジャーナリストである。両親はナイジェリアからの移民。おばあちゃんの村への里帰りも取材の一部だ。アフリカを内部から見る温かい目と、外からの鋭い観察眼がほどよく混じり合い、議論に奥行きを与えている。

アフリカでは、国家の失敗は市場の機会を意味する。国家が機能していないからこそ、地元の人々は生き残りのために工夫をこらし、そこから巨大なビジネスチャンスが生まれるのだ。逆境のもとで育つアフリカの民間セクターは、世界一しぶといとも言えるだろう。

本書は、アフリカの経済発展のダイナミックな潜在力を、家族、テクノロジー、商業、自然、若さという五つの視点から描き出そうとする。

国家が弱い分だけ、アフリカでは拡大家族の助け合いの精神が強い。この親密な情報共有と社会保障、投資のネットワークは、ときに国境を越え、大胆なイノベーションを伝播(でんぱ)する。

アフリカ人を広域的につなげるのが、携帯電話を含むITネットワークである。とりわけ電子マネーの普及には驚かされる。公共財部門を含め、あらゆる分野に起業家たちがいる。問題は、事業を本格化させる中規模な融資が足りないことだ。

アフリカの自然資源としては、地下資源に加えて、発電に使える太陽光も重要だ。この大陸の持続的な発展の鍵は農業セクターにある。人口構成を見ると、アフリカ人は世界一若い。若者の独立心を育てる実学的な教育が多方面で進んでいる。マンガ、ラジオなどを使った放課後教育にも才能が集まる。

著者は議論の中で、想像力豊かなキーワードをめまぐるしく提示する。少々理屈っぽいところもあるが、分厚い情報を満載してぐいぐいと押してくる迫力には、正直、圧倒された。本書には、アフリカ関係者の間ではよく知られた「ナイジェリア的」な濃いエネルギーが充満しているように思える。

来日してビジネススクールで学んだり、企業研修に参加したりするアフリカ人の若者も増えてきたようだ。上から目線の援助はもういらない。それよりも対等なパートナーとしてアフリカの「人」に投資すべしという本書のメッセージを、正面から受け止めたい。

(同志社大学教授 峯 陽一)

[日本経済新聞朝刊2016年11月6日付]

アフリカ 希望の大陸―11億人のエネルギーと創造性

著者 : ダヨ・オロパデ
出版 : 英治出版
価格 : 2,376円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧