MONO TRENDY

デジタルライフ

「ポケモン」で注目、旅のお供に位置ゲーム 現実とリンク

2016/8/25付 日本経済新聞 夕刊

スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」ブームによって、位置情報を利用したゲームが注目を集めている。プレーヤーが移動することを前提にした位置情報ゲーム(位置ゲー)は、スマホにかじりつくだけでなく、現実世界と連携した遊び方も提案する。間もなく秋の行楽シーズン。旅のお供にゲームというのも一興だ。
「ステーションメモリーズ!」は今いる駅とゲームを連動させて楽しめる

「位置ゲー」アプリの多くは、スマホの全地球測位システム(GPS)機能を活用している。GPSでプレーヤーの位置と地図情報とを組み合わせ、移動した距離や特定の場所を訪れたことなどをポイントとする。

■6000ヵ所制覇も

この分野で老舗ゲームとされるのが、コロプラの「コロニーな生活」だ。移動した距離に応じて与えられたポイントをゲーム内の通貨と換金し、水、酸素、食料を購入。それらを使って自分自身の街のようなコロニーを大きく充実させていく。スマホが登場する以前の2003年に運用が始まり、コロプラは位置情報ゲームを集めたプラットフォームを10年に開設。登録者数は300万人を超えるという。

移動するだけではおもしろみがない。同ゲームの場合、全国津々浦々に900種類以上の「お土産」が用意されている。別の街に行った際などに位置情報を登録すると、隠されていた「横須賀海軍カレー」のようなお土産アイテムが購入でき、ゲーム仲間と交換できる。このほか、全国200店舗と提携し、現実世界で伝統工芸品や特産物などの土産物を買うと、ゲーム内で使えるアイテムのシリアルナンバーが入ったカードをもらえる。店舗を集めた物産展を東京都内の百貨店で開いた実績もある。

マピオン(東京・港)の運営する「ケータイ国盗り合戦」はシンプルでも奥が深い。地図情報を扱う会社のゲームだけに、地図を区分けして、スタンプラリーの感覚で全国を塗りつぶしていくのが特徴だ。ただ、その数は実に600。しかも13年からはその10倍の6000カ所に区分したモードも導入した。

離島なども含まれているため、運営側も簡単にはクリアされないだろうと高をくくっていたが、わずか3年で20人以上のプレーヤーが6000カ所を達成したという。利用者層は30~40代の会社員が大半を占め、出張などの際に遊ばれているようだ。実際にプレーヤー同士が会うイベントも定期的に開いており、マピオンによると「リアルにも交流できるのが楽しみといった声があがっている」という。

■地域限定品を収集

熱烈なファン層を作り上げた秘訣は、プレーヤーの収集意欲を刺激した点にある。地域限定のアイテムや武将キャラクターなどを用意してあるうえ、大手の鉄道会社や百貨店、地域の商店街などとコラボレーションした限定品も多い。100万人以上のプレーヤーがスマホを片手に、「国盗り」やアイテム探しのために全国を巡っている。

鉄道に密着して特徴を出すのがモバイルファクトリーの「ステーションメモリーズ!」。JR、私鉄、地下鉄の各駅に止まってチェックインすると、一定のポイントが与えられる。ポイントで自分の選んだ女の子のキャラクターを育成して楽しむ。同社も鉄道会社などと連携したキャンペーンを積極的に展開しており、15年の参加実績は3万人弱だったとしている。

各ゲームは、駅などで短時間利用すれば済むので、ポケモンで社会問題化しているゲームに夢中になって公共施設への不法侵入や事故といったケースは起きていないという。

ゲームというとスマホの画面などに張り付いて閉じこもりがちなイメージが強い。位置ゲーの強みは移動をともない、現実とも密接につながっていることだ。ポケモンも同様の取り組みを進めており、東日本大震災で被災した宮城県などと連携することを決めた。旅行の際、ゲームがツアーガイド代わりになってくれるかもしれない。

(メディア戦略部 北爪匡)

[日本経済新聞夕刊2016年8月25日付]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
アルペンが「脱Tポイント」 楽天と提携する理由とは
日経クロストレンド
パナソニックの中国家電事業が好調な理由
日経クロストレンド
ほろ酔い英会話も TOEIC運営団体が「脱テスト」
日経クロストレンド
セブンが「nanaco」から「7pay」に移行 その狙い
ALL CHANNEL