飲み残しワインの劣化防ぐお役立ちグッズ

自宅でワインボトルを開けたとき、飲み残しを置いておくと味が落ちる。それが嫌で無理に飲み干している人も多いだろう。お勧めしたいのが「グリューセン 電動バキュームポンプ&ストッパーセット」だ。機能的でデザイン性に優れた生活雑貨を多く販売するマキノトレーディング(相模原市)が6月に販売を始めた。真空状態になるわけではないが、ボトル内の空気を抜きワインの劣化を防ぐ。

円筒型のバキュームポンプと、ストッパーが2つセットになっている。ポンプ上部のスイッチ部分を外し、単3電池を2つ入れる。飲みかけのボトルの口にストッパーを差し込み、上にポンプをしっかり押し付ける。上部の赤いスイッチを押すと、ボトル内の空気の吸引が始まる。

スイッチの脇にある緑の「吸引完了ランプ」がいい。点灯すればポンプを外してよいと分かる。ストッパーは31日分の目盛りがついており、保存した日を記録できるだけでなく中央部の突起を倒すと抜きやすいのがうれしい。

(ライター 山本 奈緒子)

▽価格=4104円(電池は別売り)
▽サイズ=バキュームポンプ:最大径49×高さ167ミリ、ストッパー:最大径34×高さ32ミリ
▽材質=ABS樹脂、シリコーンゴム
▽購入先=グリューセン全店ほか。問い合わせはマキノトレーディング(電話042・758・0070)

[日経プラスワン2016年8月13日付]