落陽 朝井まかて著胸を打つ明治の人々の志

(祥伝社・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

献木10万本、勤労奉仕のべ11万人、完成は150年後――この数字を見て何のことかお分かりの方は、そういないだろう。

答えは、明治神宮創建に関わる見積りである。

今年の朝井まかては、『眩(くらら)』『残り者』と傑作揃(ぞろ)いだが、ここにまた新たな傑作が誕生した。

明治天皇崩御に際し、渋沢栄一らは、神宮を帝都に創建すべしと主張するが、帝大講師・本郷高徳は、風土の適さぬ土地に森を造るのは不可能と反論。しかし、いったんことが決まるや、湊川へはせ参じた楠木正成の気迫をもってこれに当たる。

脇の人物も生き生きと躍動し、明治を生きた人々の志が胸を打つ絶対の感動本。

★★★★★

(文芸評論家 縄田一男)

[日本経済新聞夕刊2016年7月28日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

落陽

著者 : 朝井 まかて
出版 : 祥伝社
価格 : 1,728円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧