宇宙探偵マグナス・リドルフ ジャック・ヴァンス著米SF黄金時代の雰囲気

(浅倉久志・酒井昭伸訳、国書刊行会・2400円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

エキゾチックな異世界と魅力的な人物設定、そしてギャグとも本気ともつかない奇怪な謎解きで度々読者を困惑させてきた素敵(すてき)なSF作家の選集が、遂(つい)に刊行を開始。本書はその第1弾。

アメリカの50年代SF黄金時代の雰囲気を伝えている。

主人公は、宇宙における難事件を華麗に(?)解き明かす初老の探偵マグナス・リドルフ。

扱われる10の事件簿は、某惑星の観光地を荒らし回るドラゴンをなんとかしろだの、他惑星でのゴミ悪臭問題だのといった奇妙奇天烈なものばかり。

辺境で汚い金儲(もう)けを企(たくら)む輩や、珍妙な怪物軍団を相手に、悪漢以上に狡猾(こうかつ)でちゃっかりふるまう老紳士の「そんなバカな!」とツッコミたくなる手腕がなんとも味わい深い。

★★★★

(ファンタジー評論家 小谷真理)

[日本経済新聞夕刊2016年7月7日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

宇宙探偵マグナス・リドルフ (ジャック・ヴァンス・トレジャリー)

著者 : ジャック ヴァンス
出版 : 国書刊行会
価格 : 2,592円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧