ハイエナ 吉川英梨著オレオレ詐欺に潜入捜査

(幻冬舎文庫・800円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

知能犯専門のベテラン刑事(定年間近)が、オレオレ詐欺組織に単独の潜入捜査。キャリア警察官僚の息子を窮地から救うために捨て身の行動に出た。

他人の戸籍を借り、頭髪を薄くし、地方のナマリを習得する。なりすましの過程がスリリングだ。彼は詐欺の架け子(電話による騙(だま)し役)として実績をつみ、組織の秘密に迫っていく。

カモになる高額預金者のデータを売る謎の情報屋、震災の復興予算を合法的にネコババする厚労省官僚、2段階で詐欺にあう二重被害者、警察官として対照的な現場を選んだ父と子。

オレオレ詐欺は一種の経済テロ、格差を埋め財産の再分配をはかる、と一人物はいう。地下的マネーの回流はどこに? ハイエナとは誰か?

★★★★

(評論家 野崎六助)

[日本経済新聞夕刊2016年6月23日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一 (幻冬舎文庫)

著者 : 吉川 英梨
出版 : 幻冬舎
価格 : 864円 (税込み)