緑のカーテン、仕込み時 栽培キットで初心者ラクラク

園芸を始めるには最適な季節。今夏はラニーニャ現象によって猛暑になるともいわれているが、暑さ対策として注目されているのが、つる性の植物をはわせて日差しを遮る「緑のカーテン」だ。栽培方法や品目が多彩になり初心者も取り組みやすい。ゴールデンウイークに着手してはいかが。

自宅のベランダで緑のカーテン用にゴーヤを育てる安藤さん(埼玉県所沢市)

埼玉県所沢市の自営業・安藤勝治さん(75)は、園芸の趣味が高じて緑のカーテンの水耕栽培キットを自作した。ペットに水をやる器具を応用し、電気を使わずに植物に適量の水をやる仕組みを考案した。約10センチ四方の網目のネットをベランダに設置し、そこで昨年はゴーヤやナスの栽培に成功。今年はキヌサヤに挑戦している。

「ベランダは風が強いのが難点」と安藤さん。「台風の際に室内に入れるため、移動しやすいようにポットを小型化するなど工夫した」という。NPO法人緑のカーテン応援団(東京・板橋)を通じ、キットを22~24日に横浜市で開いた日本フラワー&ガーデンショウに出品した。

安藤さんが開発した水耕栽培キット

土を使う土耕栽培では手軽な栽培方法も登場。タキイ種苗が提案する「袋栽培」は鉢やプランターの代わりに袋に土を入れて育てる。不要となった肥料袋などで十分。「メリットは資材がなくても始められ、マンションでも移動させやすいところ」(タキイ種苗)。園芸に慣れたシニア層だけでなく、若い世代にも試みる人が増えている。

◇     ◇

これから始める人は各地の自治体が開く講習会に参加してみるのも一手だ。ゴールデンウイーク前後の開催が多い。

「ゴーヤの苗は見た目がずんぐりしていて双葉が残っているものを選びましょう」。東京都大田区が17日に開いた講習会では約30人が熱心に講師の話に耳を傾けていた。参加した40代の女性は「これまでは自己流で、1つの鉢に多くの苗を植えすぎていた。2~3本が最適だと分かった」と満足げだった。同区は30日にも講習会を開く。

緑のカーテン応援団の三ツ口拓也理事は「初心者は水のやりすぎに気をつけてほしい」と助言する。春の植え付けの後、湿度の高い梅雨時期に水をやりすぎて根が腐ってしまう例が目立つという。「生育が悪いと水が足りないと思い、さらに水やりしてしまう人もいる」(三ツ口さん)。ゴーヤの場合は梅雨時は2~3日に1回、暑い時期は1日に1~2回が目安だ。

土作りも初心者にとっては、ハードルが高い技術。三ツ口さんによると「野菜用の培養土を8割、腐葉土を1割、肥料を1割のバランスで作るのがベスト」という。緑のカーテンをうまく作るには、葉を大きく育てる効果のある窒素を5%以上含む肥料を選ぶのがポイントだ。

◇     ◇

植物が1メートルほどに育ったら、芽先を摘み取り生育を調整する「摘芯」も忘れずに。これで葉が横方向に茂り、カーテンらしい形になる。さらに「1週間に一度でも栽培日誌をつけるといい」(三ツ口さん)。成功しても、失敗しても、まずは来年に向けての蓄積が大切だ。

扱いやすい植物は生育がいいゴーヤやアサガオ、ヘチマなどだ。サカタのタネ広報宣伝部の大無田龍一さんはキュウリを薦める。「生育が活発で、実も食べられる。(東京では5月初旬が一般的だが)6月など遅い時期に種をまいても夏に間に合うのもいいところ」(大無田さん)。栽培が難しいが、メロンやブドウ、キウイを緑のカーテンにする動きも広がっている。

リクルート住まいカンパニーのコンテスト入賞作

不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニー(東京・中央)は「緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン」と題してゴーヤとアサガオの種を無料配布している。2011年に始めた時は1万袋だったが、今年は1万5千袋配った。毎年早々に無くなるため「今年は告知を控えめにした」(企画統括室の畑田紘孝さん)ほどだ。同社が開く夏のコンテストでは、緑のカーテンの投稿写真の完成度が年々高まっている。

「最近はゼロエネルギー住宅など環境に優しい暮らしが注目されており、緑のカーテンもその一つ」(畑田さん)。栽培法や品種の広がりを追い風に、今夏も一段と普及が進みそうだ。

◇     ◇

■すだれより涼しく
ゴーヤやアサガオといったつる性の植物を窓辺で育て、夏の暑い日差しを遮る。植物が水分を葉から蒸発させる蒸散作用の働きで、すだれなどより高い冷却効果が期待できる。東日本大震災後の電力不足を機に注目が集まった。

(商品部 龍元秀明)

[日本経済新聞夕刊2016年4月27日付]