美術館発 アートツアーに出かけよう

美術館が企画する街歩きが人気を集めている。学芸員や美術作家を案内役に名建築を巡ったり、大自然を歩いたりとテーマは様々。グルメや温泉も楽しめる、趣向を凝らしたツアーも増えている。芸術の秋、外に出ていつもと違ったアート体験をしてみてはいかが。

解説付きで文化再発見

訪問先には撮影したくなる鑑賞ポイントが豊富(東京都文京区の鳩山会館)=写真 編集委員 葛西宇一郎

心地よい秋晴れのある日。東京都世田谷区の世田谷美術館が開く街歩きの鑑賞ツアー「萬(よろず)KENBUN録」に約30人が集まった。約8割が女性で、皆スニーカーやパンツ姿の軽装。この日は同館学芸員の高橋直裕さんを案内役に、日本のステンドグラス制作の先駆者、小川三知の代表作を巡る。

まず訪れたのは東京駅近くの日本工業倶楽部会館。「この建物は普段、会員しか入れません。今日は特別に見学を許された貴重な機会ですよ」。参加者たちは高橋さんの言葉にうなずきながら、大正時代に作られた館内のステンドグラスに目を凝らす。豪華な内装のホールから、駅を間近に見るバルコニーに出ると「こんな所まで入れるなんて!」と感嘆の声が上がった。

その後、地下鉄に乗り淡路町駅(千代田区)で下車。上野公園近くにある次の目的地まで、万世橋や湯島聖堂、神田明神などを巡りながら1時間以上かけて徒歩で移動。「三知が生きた時代の建造物が所々に見られるでしょう」と高橋さん。参加した主婦の木次由希さんは「街の古い建物を見るのが好き。ツアーでは学芸員さんの話も聞けて面白い」と歩きながら熱心に写真を撮る。

最終目的地の鳩山会館(文京区)まで、休憩や電車移動を合わせ約4時間半のコース。単なる街歩きと違ってテーマのある鑑賞ツアーは「街に散らばった作品を自分の足で見に行く1つの展覧会です」と高橋さんは言う。

毎回テーマも行き先も変わるこのツアーは、20年以上も前から続く人気企画。建築の公開講座を担当した高橋さんが「建築は周辺環境を含めて観察するもの」と考えて現地見学を始めたのがきっかけだ。今では銭湯建築の鑑賞に体験入浴を付けたツアーや、自然の中でアーティストと作品を作る宿泊付きのワークショップも開く。アート好きや建築好きに限らず「変わった物を発見するのが好きなら誰でも楽しめます」(高橋さん)

次のページ
体験や交流も楽しむ
今こそ始める学び特集