秋の夜長 星空をもっと知りたい

8日の皆既月食で、久しぶりに夜空を見上げた人も多いだろう。でも、仕事帰りやベランダから眺めることができる、いつもの何気ない秋の星空にも、楽しみが詰まっている。秋の夜長、せっかく見上げた星空をもっと楽しみたい。

■神話の世界に思いはせ

都心の夜景を眼下に星空を観察する催しも(東京・六本木ヒルズ)=写真 編集委員 葛西宇一郎

眼下には都心のきらめく夜景。360度の眺望。見上げれば夜空が広がる。六本木ヒルズ(東京都港区)52階の大展望台のさらに上、屋上「スカイデッキ」だ。

毎月第4金曜日(10月は毎週金曜日)に開催する「六本木天文クラブ 星空観察会」。天体望遠鏡ものぞけ、専門家が初歩的な質問にも親切に答える。

「来たのは初めて。きれいですね」という東京都台東区の菊池由香里さん(37)と足立区の中村早苗さん(38)は、会社の同僚。仕事帰りに訪れた。「参加者の約半分は偶然来られた方。女性が約7割。気軽に来て都心の夜景と夜空を楽しんでほしい」と広報の洞田貫晋一朗さんは言う。

中秋の名月、皆既月食と、秋の夜空で印象的だった月。星はどうか。「秋の星空は地味。でも、夏から冬へと移りゆくさまを感じられる」と国立天文台(東京都三鷹市)の広報普及員、石川直美さんは言う。冬と違い、野外でも長時間過ごしやすい利点もある。

秋の夜空で、まず見つけたいのは「秋の四辺形」。10月の中旬、東京の夜8時ごろなら、始めに夏の大三角をさがす。明るい1等星だ。「目慣らしとともに、三角形のスケールの大きさを実感して。図で見る印象よりはるかに大きい」(石川さん)

次に、南の空の高いところから少し東寄りに目を移し、少しゆがんだ四辺形をさがす。2等星、3等星なので、夏の大三角より暗い。秋の四辺形から秋の星座たちが見つかり、夜空に古代エチオピア王家の神話絵巻が繰り広げられる。

注目記事
今こそ始める学び特集