2014/9/30

イチからわかる

からすけ 自民党は喜んでいるのかな?

イチ子 そうね。さっき政党助成制度の話をしたけれど、自民党はそれでもお金が足りなくて銀行から借りているくらいだから。

からすけ それで国民全体のための政治がゆがんでしまう心配はないの?

イチ子 そんなことがないように政治資金規正法(キーワード)という法律で企業献金のルールを決めてあるの。どんなに大きな会社でも献金は1社で年間1億円までしかできないし、5万円を超える献金は公開されることになっているわ。どんな会社がどの政党にいくら献金したか、だれでも調べられるのよ。

献金が賄賂と疑われることも

豊島岡女子学園中学高等学校の神谷正昌先生の話
 献金は、ある目的に役立ててもらうために献上する金銭のことです。しかし、一定の見返りを求めてなされた場合は賄賂(わいろ)となり、しばしば献金が賄賂と疑われることがあります。そして賄賂の歴史は古く、世界中で見られるものです。
 日本では、6世紀に朝鮮(ちょうせん)半島南部の地域を百済(くだら)に譲(ゆず)るにあたり、政府の中心人物であった大伴(おおともの)金村(かなむら)と現地を治める穂積(ほづみの)押山(おしやま)が、賂(まいない)を受け取ったと噂(うわさ)されたと「日本(にほん)書紀(しょき)」に記されているのが最初です。また、賄賂政治家といえば江戸時代の田沼(たぬま)意次(おきつぐ)が有名です。ただし、日本が朝鮮半島に領地を持っていたこと自体が疑わしいとの指摘があります。また田沼意次も後世になって悪評が定着したのであり、現在では再評価されています。このような話が生まれるのは、それだけ人間社会に賄賂がつきものだったからでしょう。
今週のニュースなテストの答え 問1=シリア、問2=(1)イオン(2)ダイエー

[日経プラスワン2014年9月27日付]

注目記事