2014/9/30

イチからわかる

不正を防ぐため情報は公開

からすけ どうして批判されたの?

イチ子 当時は「リクルート事件」など会社と政治家が不正にお金をやり取りする事件が相次いで自民党の評判が散々だったから、経団連も厳しい目で見られていたの。

からすけ 献金がそんなに減ってしまって、自民党は困らなかったの?

イチ子 政党に対して、税金からお金を配る政党助成制度(キーワード)という仕組みが始まったの。予算は国民1人当たり年間250円だから、合計で約320億円になるわね。国会議員の数と選挙での得票数に応じてそれぞれの政党に分けるんだけど、自民党は今年は157億円もらえるはずよ。

からすけ でも、どの政党の考え方にも賛成できない人もいるでしょ。「無党派層」って言うんだったかな? その人の分の税金もどこかの政党に配ってしまうのは、おかしいと思うけど。

イチ子 からすけの言う通り、本当は税金からではなくて、国民一人ひとりが支持する政党に自分のお金を献金するのが理想なの。でも、アメリカなどに比べて日本はこうした個人献金の文化が根付いていないわ。だから、自民党もまとまったお金を出してくれる会社に頼(たよ)っていたのね。

からすけ 経団連が今になって企業献金を増やすのはどうしてなの?

イチ子 12年に自民党が政権に復帰して、安倍(あべ)政権(せいけん)への期待が大きいんじゃないかな。会社が利益の中から納める「法人税」を減らして日本経済を成長させるという安倍政権の考え方は、経団連にとっては心強いはずよ。原子力発電を続けていく方針も経団連の意見と一緒(いっしょ)。企業献金を増やすことで、政府の会議などで経済政策についてもっと意見を聞いてもらえる関係をつくりたいのね。

からすけ 経団連は安倍政権と仲良くしたいってことかな。

イチ子 そうかもしれないわね。だって経団連は04年から自民党、民主党の政策と経団連の考えが合っているかどうか通信簿のように評価して、企業献金の参考にしていたもの。献金は民主党に政権交代した09年に中断したけどね。政治とお金の関係に詳しい日本大学の岩井(いわい)奉信(ともあき)教授は「企業は役に立たないお金は出さないから、『政策をお金で買う』という面は否定できない」と話しているわ。

<キーワード>
 政党助成制度 自民党、民主党、公明党といった政党に対して、国が税金の中からお金を配る仕組み。1995年に始まった。
 政治資金規正法 企業献金など、政治に関わるお金を規制する法律。会社から政治家への直接の献金を禁止している。
注目記事
次のページ
献金が賄賂と疑われることも