マンションで楽しめる「新型盆栽」 女性に人気洋風家具とも調和

秋の気配もそろそろ感じられるはずなのに、都市では季節の変化に触れる機会がない――。そんな風に感じる人は盆栽に挑戦してみてはどうだろう。広い庭で長期間をかけて育てる壮年男性の趣味、というイメージは今は昔。最近は1回の教室でつくることができ、マンションのベランダなどでも楽しめる「新型盆栽」が女性を中心に人気を集めている。

風景を描く意識が大事

2時間の講座で手軽に盆栽を作れる教室(さいたま市北区の清香園)=写真 五十嵐鉱太郎

9月上旬、さいたま市のある建物内にエプロン姿の男女15人が着席した。目の前には小ぶりなモミジとツツジが並ぶ。パチンパチンとハサミの小気味よい音が響き、みるみる鉢の上に木々が配置され始めた。

老舗盆栽園「清香園」が愛好者の裾野を広げようと開く「彩花(さいか)盆栽教室」の授業風景だ。伝統的な盆栽は観賞に堪えるものとするのに最低でも数年かかるというが、彩花盆栽は「作った日からすぐ楽しめるよう工夫した」(教室主宰の山田香織さん)。

下に草を植えたり、砂を敷いたり、独自の鉢を使ったりして鉢上に日本的風景を描き出す盆栽の楽しみを手軽に味わえるのが特徴の1つ。この風景を表現する意識を持つことが盆栽と普通の鉢植えとの最大の違いだ。ちなみに短期間でつくっても手をかければその後、何十年と育てられ、紅葉や開花も楽しめる。

この日の授業でも約2時間で、2つの鉢にそれぞれモミジとツツジを植え、土をコケや白い砂で飾った盆栽が完成した。小型サイズながら、モデルとした京都の日本庭園をありありと想像させるたたずまいだ。

教室でつくったツツジ(左)とモミジの盆栽(さいたま市北区の清香園)=写真 五十嵐鉱太郎

参加した同市在住の重野千夏さんは「昔から植物栽培が趣味だったが、集合住宅に引っ越して庭がなくなった時、この盆栽を知った。ベランダで十分育てられる小ささなのにきちんと風景として楽しめる」と笑顔で語った。

手軽な盆栽を提案する動きはほかにも広がる。現在の都市住居に合った盆栽の教室を開く塩津丈洋植物研究所(東京都東久留米市)の塩津丈洋さんは「鉢だけで盆栽は大きく変わる。伝統的には底の浅い和風の鉢が多いが、これにとらわれず愛着を持てるかわいい鉢を使えばいい」と話す。

塩津さんは若い人にも好まれる独自デザインの器を用意し、高さ20~30センチの小さめの木々を主に使ってコンパクトにまとめた盆栽を教える。技術面ではまずハサミ1本でできることを中心に教えており「短時間の教室でも盆栽の基本的魅力は十分に学べる」という。

次のページ
自然観察が上達の近道