視力低下・視野欠ける… 目の動脈硬化かも早期治療で症状緩和

動脈硬化は心臓や脳の病気をもたらす。実は、目でも動脈硬化は起きており、網膜にある静脈で血液が流れにくくなってしまう。その結果、目がかすむ、視野の一部が欠ける、急激に視力が落ちるといった症状が現れる。放置すると、目から出血したり目の奥が腫れたりし、失明することもある。異変を感じたら早めに眼科を訪れることが大切だ。

東京都内に住む50代の会社員の男性は、車を運転中に視界がぼやけることに気づいた。数カ月放っておいたが、テレビを見ていてもぼやけてきたので近くの病院を受診すると、目の動脈硬化によって発症する「網膜静脈閉塞症」と診断された。幸い症状は軽く、薬を使って改善に向かっている。「思いもよらない病気だったので驚いた」とこの男性は話す。

この病気は高血圧などの生活習慣病を持っている人に多いことが知られている。糖尿病や血管の炎症などがある場合も発症しやすくなる。中高年に多く、「男性では40代以降、女性では50代以降で患者が増える。まれに20代でも発症するケースもある」と関西医科大学眼科学教室の高橋寛二主任教授は指摘する。40歳以上の日本人の約50人に1人が、この病気を発症しているという。

■血液や水分漏れる

網膜静脈閉塞症は動脈と静脈が交差していたり並行していたりする部分で、動脈硬化が起こり、静脈の血液の流れが滞ってしまう。この結果、視力の低下などにつながる。大きく分けて2タイプがあり、網膜内で起こるのを「網膜静脈分枝閉塞症」、脳からつながる視神経で起こるのを「網膜中心静脈閉塞症」と呼んでいる。

網膜内で起こるタイプは、静脈の流れが悪くなった場所の上流で血液や水分が漏れる。この結果、眼底出血や網膜のむくみ(浮腫)などが起こる。こうした現象が、ものの形や大きさ、色、距離感などの視覚情報の識別にかかわる黄斑(おうはん)と呼ぶ部分に及ぶと、視力が低下したり、ものがゆがんで見えたりする。「視力が落ちないケースも含めて症状はさまざまだ。3か月以内に自然に改善する場合もある」(高橋主任教授)

これに対し、視神経で起こるタイプは黄斑の浮腫や眼底出血が起きやすくなる点は同じだが、急激な視力低下を伴うのが特徴だ。静脈の根元部分の流れが滞り、網膜全体に血液などが漏れるためだ。高橋主任教授は「出血の範囲も広くなりやすく、その影響で見ているところが黒っぽくなるなど視界が遮られるケースもある」と指摘する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント