歌舞伎座9月秀山祭フレッシュな役ぞろいに注目

秀山(しゅうざん)祭は初代吉右衛門の芸を顕彰し、その当たり役を孫で二代目である当代の吉右衛門が披露する。今回は新しい歌舞伎座での初の催し。秀山とは初代の俳号だが、丸本時代物の英雄の役を得意とする一方、飄逸(ひょういつ)な喜劇にも妙味を見せた。今回の「絵本太功記」「法界坊」で、その両面を当代が見せる。

「絵本太功記」の光秀は精悍(せいかん)さに悲劇性が深くにじむところが吉右衛門ならでは。東蔵の気丈な母・皐月(さつき)、魁春の慎み深い妻・操、米吉の役そのもののように初々しい嫁・初菊、それと好一対の若武者ぶりの染五郎の息子・十次郎、凜然(りんぜん)と一幕を締めくくる歌六の真柴久吉、又五郎の佐藤正清と役ぞろいで均衡がとれ、時代物らしい色彩美が悲劇性を深めている。

「法界坊」も吉右衛門の芸の愛嬌(あいきょう)がこの芝居にふさわしいが、もう一倍弾んでいい。大詰めの「双面(ふたおもて)」で吉右衛門ならではの芸の味が生きる。吉右衛門の女形姿はこんな折でないと見られまい。芝雀のおくみもこの場で実力を発揮。それにしても前段のドタバタ喜劇から大詰めの怪奇までを包み込む「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」とは摩訶(まか)不思議な作品だ。仁左衛門が甚三役を付き合うのが大ごちそう。

仁左衛門が孫の千之助と「連獅子」を踊るのは秀山祭としては番外編だが、これがお目当てのファンの期待に応える好舞台。千之助の踊りのセンスの良さは注目に値する。仁左衛門の親獅子のまなざしが何ともいい。又五郎と錦之助の間狂言の程のよさ。

開幕劇の「菊畑」も歌六の鬼一、染五郎の虎蔵、松緑の智恵内、米吉の皆鶴姫、歌昇の湛海とフレッシュな役ぞろいで明快。染五郎の五郎蔵、松緑の土右衛門、芝雀の皐月、高麗蔵の逢州とそろった「御所五郎蔵」が若い人たちらしい。25日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)